Blog & Event

スクール

2021.07.18

望む世界があるのなら

小村真理子です。
7月の神戸「セラピストスクール」の振り返りです。

ひとつのクラスでは近況を聞いていくクラスと、もうひとつのクラスでは過去生を見ていくクラスとがありました。

セラピストスクール生は、それぞれに望む世界があります。
望む世界へ繋がるような貢献をしていくため、まずは自分のあり方を確立していくための自覚と覚悟を促される日々を過ごしています。

学びを深めていく過程では、私たちが霊的な成長ができるような現象やアクションが起こります。
一見すると何でこんな事が!?というような苦しく感じるような出来事のこともあります。
その現象やアクションによって自分の心が動くのであれば、それをしっかりと認識して癒していくことが必要です。

起こる出来事の表面的なものでなく、その奥の奥を見る。

私は日常で動じることがまだまだあります。
表面的なものしか見れず、感情に囚われてしまうと真実を見ることは難しくなります。
ですが、動じることは悪いことではない。と麻紀ちゃんは言います。
動じるを経験することで、私たちは動じない自分になるのです。

「自分の内側に静寂をつくるには(静寂を脅かす原因があるので)その根幹を見つけ癒し浄化し続けること。
自分の想念をクリアにし続けることでしか穏やかさは得られないよ。」

と麻紀ちゃんが言っていました。

動じる原因が過去世にあるのであれば、それを見て癒すこと、そして今の自分の課題を知る必要もあります。

わたしが参加しているクラスでは過去世を見ていきました。
あるひとつの出来事からそれぞれ何かしら心が動き、動じたことでの過去世を見ていったのですが、それぞれに今の自分たちに必要な気づきと学びの過去世でした。

それぞれに課題が違うので、出てくる感情も学びも違います。
ですが、それは自分だけでなく他のスクール生の学びからも自分が気づくことがたくさんあります。

起こる出来事はひとつですが、とても素晴らしい気づきの連鎖が起こるので、いつもスクールってすごいな、、と関心してしまいます。

自分の中の悔い改めることがあれば悔い改める。
コントロールするのではなく、相手の選択を尊重すること。
どんな感情も自分の愛で包み込み受け容れる。
望む世界があるのであればたった一人になってもやり続ける。
それら全てを深く理解し続けていくこと。

麻紀ちゃんが言っていました。
「感情が動くのであれば、しっかりと認識して癒し浄化していくことをしていけば良いだけ。それをスルーして放置したり、対処をしなければやさぐれるよ。」

「感情では人はサポートできない。人助けはできない。しっかりと理性を使わなければいけない。」

望む世界が愛や調和に溢れた世界あるのであれば、まずは自分の内側を愛と調和の世界に導いていく必要があります。

そのために感情ではなく理性を使う。
「そうやって自己を確立した人、自己を確立しようとしている人でなければ、人を導くことはできないよ。」と、麻紀ちゃん。

麻紀ちゃんクラスに到達するまでには何度もブレて、間違えたり失敗を経験し、それでも本質へと戻るを繰り返し続けること、
何があっても受け容れ続けるを繰り返すこと。

そうやって自分の弱点を知り、強くなっていくことで、自覚も覚悟もついてくるのです。

わたしも過去世で、望む世界があるのに途中で諦めてしまうことが何度もありました。
一人になった孤独感にとらわれたり、自分にはできないと無力感に苛まれ、自分を信じることができなくなってしまうことを何度も経験していました。

その過去世たちには望む世界がありました。
数年前のわたしなら、まさかそんな世界を望み、そんなことができるは思ってもみないようなことです。
今のわたしはその過去世達の思いに報いることができる恵まれた状況にいます。
学べるにはとてもありがたい環境にいます。

それがTHE UNIVERSEの学びの場所です。

望む世界があるのなら、まずは自分のこうありたいを表現して生きる。そして、それを全うし貫き続ける。

今世どこまでできるかはわからないけど、今のわたしがやりたいことなので、できる精一杯のことをやっていきます。

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE