Blog & Event

スクール

2021.05.19

深く認識していればフラットでいられる

小村真理子です。

5月の神戸での「セラピストスクール」では、2クラスのうちひとつは過去世を見ていくクラスと、もうひとつは近況を聞いていくクラスでした。

自分たちの霊的な成長が進めば、見る過去世もそれまでよりも深い悲しみや苦しみをもった子達がどんどん出てきます。
その子達を癒すのは自分自身なのですが、悲しみや苦しみが深いと、それだけのヒーリングの広さと深さが必要になってきます。

それは今の自分の立ち位置を知るひとつのきっかけでもあります。

今、見る必要のある過去世であれば、例え悲しみや苦しみがどれだけ深くてもちゃんと見ることができるのがベストです。と麻紀ちゃんが言っていました。

見れないということは、そこにまだまだ鍛錬と訓練が必要なところがあるということを認識できることにもなります。

そして癒すには、自分自身の愛の広さと深さが必要です。
癒す時間がかかるということは、もっともっと自分自身の愛を育てていくことが必要にもなってきます。
(癒すことが時間がかかるのは他にも理由があったりします。)

麻紀ちゃんが言っていました。
現象として、とてもひどい出来事が起こっていたとしても、全てベストなことが起こっている。全ては循環の中のひとつにある出来事だから、そこに一喜一憂しない。
全てベストのことが起こっていることを深く認識していくためには、癒すということをしていかなければいけません。

一喜一憂しない。
何か嫌なことが起こったときはもちろん、喜ばしいことが起こったとしても、私たちは感傷的になるのではなく冷静にフラットでいることが必要です。
そうでなければ、真実を見ていくことが難しくなるからです。

よく麻紀ちゃんが言います。
「光が大きいほど、闇も深い」と。

セラピストスクール生という他者に光を与えていく立ち位置であれば、それだけの闇もあります。だからこそ、スクール生たちはその闇をしっかりと認識し光に変え、今世の役割を全うするために学び続けることをしています。

誤作動を起こしたり、ジャッジをしてしまう内側の一部のパーソナリティたちを癒しつづける。そして、真実を伝え続ける。これが自分の愛を深めていくこと、光の領域を多くしていくことになります。

セラピストスクール生のほとんどの人たちが日常から厳しいことをインナーセルフやガイドから指導されています。

日常的にフラットな状態で過ごせていれば、いざというときに冷静でフラットであり、ベストの対処ができます。なので他者をサポートする私たちは、いざというときにどういうあり方で対処するのかがとても重要になってくる。

このフラットのレベルがとても驚異的なのが麻紀ちゃんです。

麻紀ちゃんが経験した出来事で、フラットでリーディングをすることのとてもレベルの高いお話がありました。

いやいや普通だったら、そんなこと思いつかないでしょうー!
というような出来事でした。

ですが、これが常日頃フラットであればできるリーディングなのです。

起こる出来事の表面的なものを見るのではなく、真実を見抜いていくこと。

邪魔をするのは先入観や思い込み、外側からの想念であったり、自分の内側の一部のパーソナリティの影響であったりします。

それらの濁りを消して、透明度を上げていくことは自分の意識の持ち方がとても大切なポイントとなります。

ただただ真実を知りたい、という麻紀ちゃんのあり方を見ていると、自分の感情的な意見なんて本当に浅はかな考えであると思い知らされます。

ある程度のフラットではなく、高度のフラットさを保ち続けられるには日々の鍛錬と訓練です。
それをわたしは今月の麻紀ちゃんの神戸滞在中に経験しました。
(また別記事に書いています)

また1ヶ月後、わたし自身も今より成長できているように日々を過ごしていきます。

 

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE