Blog & Event

つれづれ

2024.02.08

思いっきり楽しむこと

小村真理子です。

先日、関西のセラピストメンバーでカラオケに行ってきました。

そもそもの発端は福西麻紗美さんが(以下まみちゃん)お手入れの課題のひとつとして、自分でつくってしまっている枠を取っ払うという課題があり、それに対して何をしたらいいのかをインナーセルフに確認すると、苦手なことにチャレンジすると言われ、まみちゃん自身はどれもやりたくなくて泣く泣くはじめらることになったのかきっかけです。

そのうちの一つがカラオケです。

まみちゃんは、インナーセルフに言われたことが本当にやりたくなくて、泣いていました。
なんでそんなに(泣くほど)やりたくないの?と聞くと、「うまくないからです。。。涙」
と言っていました。

そんなまみちゃんですが、一人カラオケでデビューされ、
まずはわたしと2人で行きましょうと、昨年12月に2人でカラオケに行きました。

ちなみに、わたしは歌を歌うのは大好きですが、あまり上手ではありません。

ですが、なぜかわたしの歌がいいと言ってくれる方たちがいらっしゃって、感動するとか、もっと聞きたいとか、そんなことを言ってくださる方たちのおかげで、もっともっと歌うのが好きになっています。

ここ数年は、よくカラオケにも行くようになっていて、暇があれば家でも一人で歌っております。
下手でも音程がズレてても、歌を歌うのが楽しいという純粋な気持ちが癒されるんだそうです。

まみちゃんは一緒に行った時「わたしジャイアンみたいなんです」と言っていましたが、わたしからすると全くジャイアンではなく、ずっと一人カラオケで練習していた課題曲なんて、鳥肌が立ち感動したのです。

そしてその後、次はカラオケ行きたい人たちでみんなで行きましょうー!となり、セラピストメンバーを誘い集まったのが総勢10名、みんなで行ってきました。

結果、驚くほど楽しかったです。

カラオケが苦手です、という方がカラオケ前の打ち合わせをして、リハをして、替え歌をして、と芸を仕込んでくる人もいました。

超難関の歌をサラッと歌いこなす人もいました。

どんどん盛り上げてみんなのテンションを上げてくれる人もいました。

みんな本当に楽しそうで、わたしも負けてられない!笑という気分になりました。

まみちゃんはわたしと一緒にカラオケに行った時よりも、また一段と上手になっていて一生懸命練習したんだろうなというのが伝わってきました。

歌うのを泣きながら嫌がっていた人には見えない変貌ぶりでした。

そのまみちゃんの歌を聞いて、春本真由美さんが感動して涙が出てきたと言われていました。(まったく泣くような歌ではないのにです)

後に、下手でも誰にも馬鹿にされないという(安心、安全の)雰囲気の中だからこそできたんだと思います、と言われていました。
全く下手ではなかったし、なんなら往年のスター感まで出ていました。

 

(大きい音が出ます!⇓)

(この動画をブログに載せても大丈夫ですか?とまみちゃんに尋ねたら「はい!もちろん大丈夫です」との返信がありました。
苦手なカラオケをしている動画なのに、変化がすごすぎます。。)

 

他にも「今まで生きてきて初めてカラオケが楽しいと感じました」と54歳の方がおっしゃってました。

十分個性が強いのに「わたし普通ですね」という人までいました。(それくらいみんなが凄かったということなのだと思います)

「殻をぶち破る先輩方ばかりで、わたしも型にはまらず色々チャレンジしてみよう」と、おっしゃる人もいました。

そして、みんながまた行きたいです、と口を揃えておっしゃってました。

3時間では足りないくらいであっという間の時間でした。

わたしのガイドがみんなが感じたこの楽しいという豊かな気持ちは、今まで感じたことのない人と人との繋がりを感じているからだよと言っていました。

これはお金では買うことができない感覚だと思います。

 

そして、まみちゃんですが、この課題に取り組んで3,4ヶ月でお手入れがぐんっと変わってきています。
それは課題であるカラオケで自分で自分の枠を取っ払ったことで、まみちゃんの本来持っていた力が出てきたということです。

わたしは先日の練習会でまみちゃんに触ってもらったのですが、誰?というくらいに別人のお手入れで、本当に素晴らしい手つきとエネルギーでした。

お手入れにどう繋がるの?という一見?ということも、インナーセルフから言われた課題をとにかくやってみたら、
苦手だと泣くほど嫌だったカラオケなのに、とても楽しそうにされていました。
そして大きな壁を乗り越えて、まみちゃんのお手入れはとても素晴らしいお手入れへと変貌されています。

やってみないとわからない、
本当にそうだなと思います。

みんな楽しそうで、わたしはただただ良かったなーと、なんだかおばあちゃんのような気分にもなっていました。

これからもこういう時間を作っていこうと思います。

(大きい音が出ます!⇓)

ちなみにこの動画を載せても大丈夫ですか?と真由美さんい聞いたらわたしは大丈夫ですけど真理子ちゃん大丈夫ですか?笑と言われました。(音がずれているので)

わたしは大丈夫なのです!笑

 

 

TOP

© 2024  THE UNIVERSE