Member

写真:小村 真理子
  • THE UNIVERSE 代表
  • 小村 真理子Mariko Komura

Profile

1975年、神戸生まれ神戸育ち。
医療現場で10年以上働く。
ヨーロッパの食文化を学び、フードコーディネーター、ジュニア野菜ソムリエ等の資格を活かして飲食業に携わる。
その後、自然治癒力学校の神戸事務局の代表を務める。
2015年春から始まった「本来の自分を生きるスクール」の窓口として、THE UNIVERSEの活動に携わる。

2021年春から「本来の自分を生きるスクール」担当。
タロー・デ・パリ®を中心とした「本来の自分を生きる」気づきの場、Laule'aを主宰。

1975年、神戸で生まれ神戸で育つ。
高校卒業後、医療関係の国家資格を取得し、10年以上医療現場で働く。
安定した日々を送るが、何かが足りない想いがあり、20代の時にカナダへ語学留学をする。
カナダでは、当時日本ではめずらしかった自然食やオーガニックの食材が日常にある生活から、本当に身体に良い食生活に興味を持つようになる。
これを機に、日本に帰国後様々な資格を取り、「食」について学びを深める。

30代では、パリとドイツのパン屋さんで働く。
ヨーロッパ各地を巡り、土地に根付いた生活、自然や地球環境の大切さに興味をもつ。
帰国後、フードコーディネーター、ジュニア野菜ソムリエの資格を活かして新規オープンのパン店の立ち上げに携わる。

36歳の時に体調を崩し、寝たきりになったことがきっかけで、心と身体の繋がりに興味を持つ。
その頃に、早野美紀さんの紹介で師と出逢う。
師のお手入れを受けたことで、それまでに経験したことのない身体の緩みと心の歓びを感じ、生かされていることに感謝を覚える。
そして師のあり方に感銘を受け、自分を知っていくという真理の探究がはじまる。

同じ頃、神戸の自然治癒力学校で心と身体について学び、そこで事務局代表を務める。
代替医療、ホメオパシー、星詠み、タロー・デ・パリ®、といった自分を知るきっかけになる勉強もはじめる。

2015年春、師が開講した「本来の自分を生きるスクール」や「体操教室」の窓口として、活動に携わる。
2015年秋からは、神戸での「体操教室」を担当。
2021年春から、「本来の自分を生きるスクール」を担当。

そして2022年5月、THE UNIVERSEの代表を継承する。

Message

わたしに本来の自分を生きることの大切さを教えてくれた師との出会いで、わたしの人生は大きく変わりました。
自分の未熟さ、弱さ、幼稚さに打ちのめされ、「このままでは嫌だ」と思ったときから、
わたしは本来のわたしを知るということをし続けています。

当時はそれがまだ真理の学びだとは知りもせず、ただただ無我夢中だったように思います。

自分に向き合えば向き合うほど、苦しいと感じることも、辛いと感じることも、たくさんありました。

ただ、ひとつひとつ乗り越える度に、わたしはまだ見ぬ自分の無限の可能性を感じることばかりでした。

本来の自分が
何のためにこの地球に生まれ、
何のために学ぶのか、
その道標が見えたとき、ハートが熱くなり暖かい涙が溢れました。

それから数年、その当時のわたしからは想像もできないようなパワフルなわたしに出会えています。

ここにくるまでは、ひたすらに自分の未熟さを痛感し、そして寄り添い、癒し、本来のベクトルへと行動をし続けることの繰り返しでした。

派手なことや、目に見えて変わる変化はなくても、
師から学んだことをひたすらコツコツと実践し、自分に向き合い続ける。

それは今もなお変わらずに、そしてこれからもやり続けていくことでもあります。

今、日々わたしはとても豊かな学びをさせていただいています。

自分の内側と信頼関係を築き、そして深めていくことで、
人と人の繋がり、
自然や大地との繋がり、
時空を超えた魂との繋がり、
それらをより深く感じることができ、
その度にわたしの内側は感謝で溢れます。

これからも学びはまだまだ続きます。

わたしがわたしを生きることを表現し続けることが愛を深く理解し、心穏やかに生きていけることだと思っています。

師がわたしを導き、わたしが知らなかった世界を教えてくれたように、
わたしがわたし自身の経験を通して、何かのお役に立てるのであれば幸いです。

みなさんと共に学びを深め、共に前に歩んでいけますように。

TOP

© 2022  THE UNIVERSE