Blog & Event

スクール

2022.10.27

学びあいの場所

小村真理子です。

10月の神戸での「お手入れスクール」の振り返りです。

技術の時間は今月お手入れスクールを卒業される方と来月卒業される方のモデルをさせてもらいました。

それはこの1年のお手入れスクールでのみなさんの成長を感じた時間でもありました。

初めに触れてもらった時よりも感じるエネルギーは進化しているし、何よりも技術もとても上手になっていらっしゃって、みなさん確実に学びを深めてらっしゃることを感じられました。

そして、技術の時間中のザワザワした感じが以前よりも少なくなり、目の前のことに集中し、学ぼうという姿勢であるエネルギーがひしひしと伝わってきました。

もちろん、まだまだ緊張したり、不安だったりすることもあるかと思いますが、自分達が力を注ぐべくことが何なのかの自覚が少しづつ芽生えてきているのではないかと感じました。

それがお手入れにも現れていました。

お手入れスクールを卒業し、実際に施術をしていくことやサロンを立ち上げることなどの現実的なお話も出てきているので、より一層身が引き締まるようなお手入れスクールだったのではないかと思います。

お手入れスクールでは技術の学びもありますが、自分の内側をそれまでよりも深く見ていきます。
お手入れを提供していく役割がある、ということはあり方も磨いていく必要があるからです。

なのでお手入れスクールでは、自分の内側の一層深いものがどんどん出てくるし、出てくるからこそそこに手を打って本質的なベクトルへと舵をとっていける、そのことの繰り返しです。

ですので、自分がどんな思考言動をしているのかをしっかりと観察し、理性を使っていくということを意識しながら過ごす必要があります。

まだ見ぬ自分の恐れを、見つけていく必要があるからです。

その恐れをそのまま放置していると、どんなに素晴らしい能力があったとしても、その能力を正しく使っていくことが難しくなってきます。

なので、出てきている恐れがあればしっかりと自分でキャッチして、その原因は自分のどんなところにあるのかを明確にしていくことが必要です。

自分の内側の恐れを素直に認めていくこと、
それは認めたくないようなこともあるかもしれません。
そんなこと自分にはない、と思うことだってあるかもしれません。

ですが、私たちはその経験全てから気づきを得て、学びにしていくことができます。
それが霊的な成長になります。

出てきた時はしんどくて、きついと感じるかもしれませんが、それは全てあり方を確立していくために起こっています。

目の前にある問題をできるかできないか、ではなく、どうやってクリアしていけばいいのだろう?
ただただ不安や悩みににエネルギーを注ぐのではなく、できることを見つけていくこと、
それら全てをインナーセルフが知っています。

彼らと手をとり、今自分が取り組むことが何なのかを明確にしてとにかく行動していくことです。

そうやって今自分ができる精一杯のことを取り組み、残りのお手入れスクールも楽しんで取り組んでいってほしいです。

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE