Blog & Event

スクール

2022.03.17

一人ひとりが地球の担い手

小村真理子です。

3月の神戸での「本来の自分を生きるスクール」のレポートです。

今月は近況を聞いていくクラス、過去世を見ていくクラス、タローデパリをしていくクラスと様々でした。

3月には春分の日を迎えます。

春分の日は新しい一年のはじまりと言われています。
このタイミングで実際に新しいことがはじまる人もいらっしゃいますし、内側で何かしら大きな変化が訪れている人も少なくないようです。

それぞれに起こる出来事は、その人が霊的な成長ができるために起こっています。
どの学びもそれに大小はなく、その人にとって必要なことが起こっているのです。

過去世を見ることで、その当時の自分から教えてもらうことはたくさんあります。
本当はどうありたかったのか、何を大切にしたかったのかに気づき、今世はそのように生きると行動に起こすこと。

できるかできないかではなく、挑戦していくことが大切だ、と何度も麻紀ちゃんは伝えてくれています。

恐れや不安の感情が湧いてくるのであれば、まだまだ理解しきれていないところがあるということ。

学びは一生ですし、人生が学びであることを理解していれば、ネガティブな感情が出てきても落ち込んだり自分を責めるのではなく、それが人生だ。
と思えるはずです。

とはいえ、それは人間なのでそこを受け容れるにも時間がかかることもあります。

なので、とにかくやり続けること。

葛藤が起こったままにしていると、それはずっと葛藤のままで残ってしまいます。

自分が本当はどうしたいのか、本質的な行動は何なのか。
葛藤ではなく穏やかに過ごしたいと思うのであれば、そうであるような選択を自分で決め、そしてそうあるように行動していくことしか、葛藤から抜け出すことはできません。

わたしがタローデパリをさせていただいたクラスでは

「今気づく必要があること」というテーマで引かせていただきました。

カードはその人のまだ気づいてない潜在意識が出てきます。そして、必要な気づきをもたらしてくれます。

本質の自分ではなく一部のパーソナリティに乗っ取られていては、正しい選択や判断ができません。
今気づく必要があることに気づき、本来のベクトルへと行動を移していくのは自分でしかできません。

気づきがあったとしても、ベクトルを変えなければ何も変わりません。
何か大きく変化する時、葛藤が湧くのであれば、一つひとつそれを見て対処していくしかないのです。

そして勇気を持って本質の自分が望んでいる行動を起こしていくことでしか、心の穏やかさは得られません。

過去世を見たクラスでは、
過去、自分が思うように生きて後悔なく天命を全うして生き抜いた人生を見られている人も多く、
そして今世もそのように生きることができることを思い出し、自信を持って、と過去世から教えてもらっている人たちもいました。

過去世もタローデパリでも、その人にとっての必要な気づきがあります。
その気づきが、本来の自分を知っていくこともでもあり、そして深く理解していくことになります。

麻紀ちゃんが

「能力があっても何か役割があっても、自分がそれに気づかず使っていなければ「ない」となっているので、それはとてももったい無いこと。

せっかくそのような能力を持ち、それを使っていくことが神聖なる計画に入っていて、それをやりたいとこの地球に生まれてきているのであれば、
自分の能力を正しく使っていくことで自分自身が循環していきます。

自分自身が循環していけば、他者も循環していく。
そうすれば少なからず地球が良くなるのです。

地球の一部でもある私たち一人ひとりが良くなること、それは地球が良くなることでもある。

そういう認識をしていってください。」

「本来の自分を知り、これからの調和の世界に向けて今あなたは何を選びますか?」

と、言っていました。

これからは調和の世界。

ですが現代の私たちは、まだまだそこに目覚めていないのが現状です。

そのためには一人ひとりがこの地球の担い手であることを認識して、目覚めた意識で生きることが必要です。

スクール生の皆さんは
日常で起こる些細なこと、それを小さなこと、些細なこと、と思わずにその気づきによって起こる自分の行動が、周囲にも、そして地球にも影響しているということ、それだけの神聖な学びをしているということを知って日々を過ごされてみてください。

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE