Blog & Event

スクール

2022.03.04

インナーセルフとのパートナーシップ

早野美紀です。

2月の福岡セラピストスクールでは近況を聞いていきました。

 

セラピストクラスのメンバーは本来の自分を生きるスクールを始めている人もいるし、日常的に過去世を見ている人もいるし、ウラ活をしてきている人もいます。

みんなそれぞれがインナーセルフと繋がり成すべきことを為そうとしています。

インナーセルフと共に、が絶対の基盤なのですが、今月は感情からの行動をしたことによって身体が大変なことになった!という出来事のシェアがありました。

 

インナーセルフの声を一切聞かずに暴走するということはないにしても、何か動じたり、ほだされたりする状況がある時。

ほんの少しでも本質の自分ではない行動をしてしまうと、私たちは大きく下がる領域にいるということを深く認識しなければなりません。

 

 

『純度が高いってことはそれなりのことがあるんだよ。

透明ならば一滴でも濁る。』と麻紀ちゃんは言っていました。

どれだけ日々鍛錬していても、ほんのひとつの選択ミスでベクトルが大きく変わっていく。

成長してその領域にいるというのは素晴らしいことではありますが、より一層的確に自分に手を打っていかなければなりません。

 

誰にでもこんなシチュエーションには弱いということが何かしらあると思います。

 

私だと、予定が急に変更になった時や時間がない時。

こうだと思っていたものが全く違った時。

いわゆる突然の何かに非常に弱いです。弱すぎです。

 

自分がどんな時どうなるのかを認識し、それに備えて何倍も気をつけること。

これをしないとただやみくもに動いてしまいます。

やみくもにやって、たまたま対処が当たっても当然それは続きませんから何の力にもなりません。

 

痛い目に遭い、もう2度とこんなことはしない!と誓うより、できるならばその前に気づけるように。

私は特に何度も何度も同じ過ちを繰り返すので、並大抵じゃない痛い目に遭わないと分からないことが多いです。

今回もインナーセルフすみれさんの厳しい決定事項に心底後悔したことがありました。

喉元過ぎれば熱さを忘れてしまう私は、日々どれだけ曖昧さや無意識をなくし、意識的に過ごすのかが大きな課題です。

 

 

『何かを嫌だなと思うのは感情。

快、不快、楽しい、悲しい・・・

それより大切なのが真実を見ること。

私は真実が見たい。

真実を見ないと手が打てないから。』

ここでも麻紀ちゃんは真実を見ることの大切さを伝えてくれました。

真実が分かればそれがどうであれ、全てを受け入れる。

その腹が決まっているのが麻紀ちゃんなのです。

早朝から寝るまで観察、考察、洞察、分析を繰り返し、真実を探っています。

私からするととんでもない案件の量と質です。

ストイックとはこのこと。

もともと力はものすごくある人ですが、そこに加えてコツコツ、粛々とこなしているので、基盤は揺るぎないものになっていくのです。

 

私がそれをやるのは決して簡単なことではありませんが、やっていくことでしか見えない世界があるのだと思います。

やるかやらないかは自由意志。

全ては自分しだいです。

 

本質の自分を生きると決めたのだから、自分の内側とのパートナーシップを強固なものにしながら、少しでも麻紀ちゃんに近づけるよう人の何倍も努力します。

とてもじゃないけど今までの延長線上では通用しないと思っています。

自分との約束を果たしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE