Blog & Event

スクール

2022.01.21

全てに学びがある

小村真理子です。

1月の「本来の自分を生きるスクール」の振り返りです。

今月は近況を聞くクラスと過去世を見るクラスがありました。

年末年始を過ごし、いつもと違った日常生活だったりして、何かしら勃発している人も多かったように感じました。

ですが勃発して、そこにきちんと向き合っていれば、エネルギーがぐんっと成長しているように感じるクラスもありました。

一見すると、とても大変なことだったり、良くないことだったりするような出来事も、全てには意図があるので、
何のためにそれが起こっているのかを認識すると、それは私たちが霊的な成長をするために起こっていることばかりです。

きちんと真実を認識し、本質を捉えれば、良くなるようにしかなりません。

その視点がなければ、自分を責めてしまったり、卑下してしまったり、何でこんなしんどい目ばかりに合うんだろう、と否定したくなったり、

何かやろうとしていることがうまくできなかったら、それはやらなくていいことなんだ。とか思ってしまい、お試しの案件なのにまんまとそれにハマってしまったり。

真実を見極めていくには、何度も何度も経験していくこと。

今の世の中は本質の自分ではなく、ネガティブな一部のパーソナリティに自分を生きる主導権を渡してしまっている人たちがとても多いのです。

本当は自分はどうしたい?
それを繰り返し繰り返し自分に問い、そして少しづつ少しづつ、本来の自分を思い出し自分を生きることへ舵をとっていくのは、時間がかかります。

これは何十年と積み重ね、蓋をしてきたものが多ければ多いほど、根気がいる作業です。

それでも自分を諦めずに、コツコツと向き合い、以前ではできなかったことができてきている様子を見ていると、本質を生きようとする意志が強くなってきているんだなと感じ、人って素晴らしいな、と関心します。

お試しをされても、私の本質はこうです!って決め、それを信じて行動し続けると、必ず良くなるように道は用意されています。

あるクラスの方が、この現状でも幸せと言ってらっしゃることがありました。

その方は持病があり、身体に痛みが出るそうなのですが、その痛みをどうにかしたいと思っていた年末だったそうです。(この方の病気は治るものではなく対処療法をされてらっしゃいます)

ですが、スクールの数日前から痛いけど何度か幸せだなと心の中で感じられるようになってきたと。

今までは、痛みでの不快感、病気での未来への不安などが大きくあったようです。

これまでは完璧な状態でなければ幸せを感じることなどできないと思っていたけど、痛みがありながらも、何があったわけでもないけど幸せって感じれることができるんだな、とおっしゃってました。

本当に素晴らしい!とても感動しました。

痛みを受け容れるということは愛そのもの。
それが自分の内側の光の領域を大きく成長していくこと。

と麻紀ちゃんが言っていました。

こうやってみなさんが少しづつ霊的な成長をされているのを見て、やっぱり時間はかかるけど確かなものになっている現状を見ると、
スクールでの学びは本当に神聖なものだと感慨深くなりました。

今年1年、いろいろと動く一年であり大きく成長する一年です。
来月までの1ヶ月でも随分の変化があるのだと思います。
私もしっかりと一日一日を無駄にしないように歩んで行きます。

 

 

 

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE