Blog & Event

スクール

2022.01.21

自分に向き合えば成長する

小村真理子です。

1月の神戸での「お手入れのスクール」の振り返りです。

技術の時間はお手入れベッド2台で展開しています。
今回は昨年の春からスクールに通われているスクール生のモデルをしました。

初めに背面に触れてもらい身体のチェックをしてくれます。
私の身体は年末から変容がまたキツくなっていて、特に背中や腕や肩はパンパンです。
あ、体全体にもパンパンです。

その私の身体をスクール生たちが触れた時、
なんだこれは!?
なんだかよく分からない。

と感じられました。

私の身体は麻紀ちゃんが言うには変容でかなりのカオスだそうです。かなりの高次のエネルギーが入ってきているので今までとは違った感覚なのは当たり前。
なので、なんだこれは!?なんだかよく分からない。であっているよーと言ってました。

ちゃんとそれを受け取っていらっしゃるので素晴らしいです。

私自身で感じたことは、数ヶ月ぶりに触れてもらう方もいて、そのエネルギーが別の人?と思うくらいに変容されていて、それはとてもびっくりしました。

自分に向き合い、癒すべきものを見て対処し続けていると、こうやって確実にエネルギーは変容しているんだな、と身体で感じた時間でした。

今のスクール生は、少しくらい順番や手技が違っていてもヒーリングの能力が高いので、気持ち良いのです。

ですが、正確に正しく記憶することは大切なので、お手入れの順番はきちんと覚えなければいけません。
なぜなら、少しのニュアンス違いや記憶違いなどで、真実からずれてしまうことがあるからです。正確なものを正確に記憶するということも波動上げていくには大切なことです。

と、麻紀ちゃんが言ってました。

麻紀ちゃんは必要なことの記憶力はすごいです。
スクールの内容やどんなやり取りをしたとか、細かく覚えていて本当にびびります。

私は覚えることが不得意なので必死のパッチです。

不要なエネルギーを使わずに記憶していきたいものです。。これも訓練です。

そして、モデルの私は「どうであれ気持ちがいいからまあいっかー」になりがちなので、それはきちんと伝えることは伝えましょう!と、インナーが言うことをお伝えさせてもらっていました。

少しのアドバイスで、途端に触れ方が変わるので、あっという間に良くなります。

柔軟で素直なことも、成長するにはとても大切な要素です。

何よりもみんなとても大切にとても丁寧に身体に触れてくれます。

本当に気持ちがいいので、たくさんの人に彼女たちのお手入れが伝わればいいな、と心底思った技術の時間でした。

座学の時間は過去世を見ていきました。
どの人も成長に合わせて、どんどん深いものと向き合われている様子でした。

癒すことをすればするほど、どんどん奥深いものが出てきます。

今までとは比べ物にならないくらいの、とても深い悲しみ、苦しみ、絶望の中にいる過去世であれば、その感情に乗っ取られてしまうこともあります。
癒すにも、とても時間がかかることもあります。

それくらいゆっくりと時間をかける必要があるし、時間をかけなければいけないのです。

今の癒しの学びが終われば、次のまた深いものが出てくるでしょう。
出てきては癒す、出てきては癒す。
その繰り返しで学びを深めていくことができます。

そうすると、ネガティブな感情に乗っ取られることもなく客観的に自分の感情を察知し、そして素早く対処できるようになってきます。

いつも書いてますが、癒すということはちちんぷいぷいではできません。
誰かに何かのヒーリングを受けても、結局は自分で自分のことを癒していくことをしなければ、本当の癒しにはなりません。

そうやって、少しづつ少しづつ、自分で自分の内側の愛も育てていることになります。

自分を癒すことができるから他者を癒すこともできます。
自分が経験したものが誰かの気づきになります。

お手入れを学んでいるみなさんは、それをお手入れを通して循環させていく役割がある人たちです。

今の気づきを確実に、そして着実に学びにしていくことで、お手入れがもっと気持ち良くなるんだろうな、と思うとこれからもとても楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE