Blog & Event

スクール

2021.12.29

自分を深く癒す

早野美紀です。

12月の本来の自分を生きるスクール、福岡クラスの振り返りです。

 

近況を聞くクラス、過去世を見るクラス、私のインナーセルフすみれさんがお題を出すクラスがありました。

 

先月、過去世を見たクラスで私と関わる過去世を見たスクール生さんがいました。

私もその後、どのような過去世だったのかを見ました。

その時の私は自分の保身のためにしでかしてしまった罪の重さを悔やんで悔やんで、その思いを抱えたまま亡くなっていました。

それから12月のスクールまでの1ヶ月弱、光のドームの中でその過去世を癒していましたが、いつ会いに行っても、どんなに光で包んでも、下を向いて真っ暗な牢獄のような所で懺悔と絶望感でいっぱいでした。

未熟ながら私は、その彼の悲しみと境界線が引けず、感情が引っ張られたりもしていました。

 

今回のスクールの中で、インナーセルフに頼んでお互いの過去世を呼んでお話しするという時間を麻紀ちゃんから作ってもらいました。

私の過去世はその当時してしまったこと、そしてその罪を認めず謝罪できなかったこと、それをその先の人生でどれだけ後悔して生きてきたのか。

でもそれは許されるはずのないことなのだと思っていたけれど、過去できなかった謝罪をその方の過去世にすることができました。

私はおじさんでお相手は女の子でした。

私は頭を上げることができず、額をこすりつけて謝っていました。

すぐに女の子がトントンっと私に触れて1輪のお花をくれました。

私はホッとしてとめどなく涙が溢れました。

 

謝りたかった。

それができたことでギュッと締め付けられていた心が少し緩みました。

冷たい氷のような世界に少しあたたかいものがやってきました。

この間、目を瞑って実際に声に出して2人で話をしていたわけではないのだけど、過去世同士がお話しした後、目を開けて声に出してシェアすると、同じような映像を見ていました。

お互いに学びがあり、気づきがありました。

過去できなかった歩み寄ることができて、その過去世はインナーセルフに統合できました。

 

そして、現在の私は胸がすぅっとして、何か分からないけれど苦しく思っていたこと、生きにくさみたいなものがほどけて自分の内側が深く癒されたことを実感しました。

 

この過去世を見ることは私にとってとてもしんどいものだったけれど、深い癒しをもたらしてくれました。

気づかずに今世終わっていたら、癒されないまままた来世に持ち越すところでした。

 

過去起きたことは変えられないけれど、こんな形で、思いを遺した相手と歩み寄ることができるなんて、スクールに通っていなかったら知りませんでした。

こんな喜びを知りませんでした。

 

学びを深めれば深めるほど、深いものが出てきます。

癒す過程の中で、思い出して向き合わなければならないことがあります。

それは痛みを伴ったりもします。

私は痛みに弱いので避けられるなら避けたいと思うことばかりでした。

苦手なことより得意なこと、好きなことを伸ばして生きていけばいいやって。

スクールに通うまでは本当にそんな感じでした。

でもこの痛みの先にある、真の癒しを知った時ここから自分の本質が望む人生が始まるのだなとやっとやっと理解出来てきています。(おそ!)

 

いっぱい間違って、楽な方に逃げてきた私だからこそ経験できたこともあるし、これから伝えられることだってある。

それを実感した12月。

これからも共に学び、癒し、豊かで穏やかな人生を歩んでいきたいです。

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE