Blog & Event

スクール

2021.12.08

そこから何を見い出し、何を学ぶのか

 

早野美紀です。

11月の福岡セラピストスクールの振り返りです。

わたしの在籍するクラスでは過去世を見ました。

 

私は4つの過去世をここ最近見る必要があり、そのうちの2つが曖昧だったので、そこをクリアにしていきました。

『はい、早野さん』と言われ、私の見た過去世のひとつを話すと『違うよー』とのこと。

なぜ正しく見れないのか、インナーセルフすみれさんに確認すると【あなたの中にある自分が間違ったことをしたということを認めたくない、という保身が目を曇らせる】ということでした。

それは自分でも認識していて、今でもまだ無意識で何度もやってしまい、注意されるところです。

それを受け入れ、もう一度意識をフラットにしていくと真実が見えてきました。

それは今の私にとってはとてもしんどいことでしたがこれが真実。

ではそこから何を学び、何を見いだすのか。

スクールでは必要があれば過去世を見ることがあります。

これはただの興味本位で見るものではありません。

過去の私たちは興味本位で見るには耐えられないような壮絶な経験をしていることもあるのです。

しっかりと真実を見極められる人のサポートのもとでないと、ただ記憶がぶり返すだけで、対処の仕方も分からず、癒やし方も分からず、危険だとも思います。

 

私の見た過去世は、自分のしでかした過ちに気づいたのに、こわくてそれを認めることもできず自責の念をもったまま亡くなっていました。

その時の感情がリアルに蘇りました。

なんてことをしてしまったんだろう。こわくなったし、とても悔いていて涙が出ました。

ですが、麻紀ちゃんもいつも言うように『そこから何を見い出し、何を学ぶのか』ここがとても大切なのです。

過去しでかしてしまったことで、カルマになっていることは今世の私にも影響します。

それと向き合いもせずに、のらりくらりと生きていると来世に持ち越し。

そんな誠実さに欠けることは絶対にしたくない。

今世、何を見い出し、何を学ぶか。

それは日常のひとつひとつの選択、小さな積み重ねです。

自分に誠実に生きているか。

もっとやれたことはなかったか。

今日すべきことの中のどれだけこなせたか。

人の目はごまかせても、自分はごまかせません。

(麻紀ちゃんの目は、人の目ですが、もちろんごまかせません。

ほんの少しでもボケたことをしたらすぐ連絡がきます。その早さにいつもおののきます、)

 

 

過去世は今まで何十個も見てきましたが、最近はどんどん深いものが出てきます。

痛みに弱い私は、見ながらイヤやーーって思うことも正直あります。

ひとつひとつ、真実を見てどんな自分も受け入れる。

そして寄り添う。それは自分の中の愛を育てていくこと。

 

決して簡単なことではないけれど、その繰り返しで本当の意味で自分を深く癒すことができるのです。

自分を大切にして生きるということの一歩は自分を癒すこと。

コツコツと。それしかありません。

 

きっかけやサポートはもらっても、自分を癒やし浄化することは自分にしかできない。

それを今、肌で感じています。

 

セラピストスクールでは自分の闇とがっつり向き合います。

まずは自分。とにかく自分です。

私もここからが本当の始まりのような気がしています。

絶対に自分を諦めない。

それだけは決めています。

なすべきことをなす!その気持ちでいっぱいです。

 

今年もあと少し。

自分に誇れる生き方をしていこうと思います。

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE