Blog & Event

スクール

2021.10.30

葛藤と穏やかさは共存できない

 

早野美紀です。

10月の本来の自分を生きるスクール、福岡クラスの振り返りです。

近況を聞くクラスとインナーセルフとお話しするクラスがありました。

 

先月のスクールの様子にも書いたように、今本質の自分が望む生き方に気づき、浮上してきた違和感をこれ以上放っておけない!と仕事や環境を変えていこうとしている方が多いです。

 

今までの自分だったらしないような選択をし、勇気をもってチャレンジしている姿には胸が熱くなるし、頑張って!!と心から応援したくなります。

 

そこで起きてくること。

選択自体は正しくても、その決断により動いた現実。

心ない言葉を浴びたり、意地悪な態度をされたり・・・

世の中にはいろんな人がいますから、そういうことだってあります。

そして、それにもやっとするけど、前を向いていくぞーー!私は本質が歓ぶ選択をしたんだから!と気持ちは前に進もうとする。

 

そんな時、すっごく大切なことを今回のスクールでは麻紀ちゃんが何度も伝えてくれました。

 

『私たちは、少なからず外側(他者など)の影響を受けるもの。

自分の選択は間違っていないことをインナーセルフも顕在意識の自分も認識していたとしても、一部のパーソナリティは何かしら悲しみや恐れなどの感情を抱いているかもしれない。

もし少しでもそれを感じたりモヤモヤしたら、その子と話してあげてね。

その子をそのままにしてしまうと、虐げられたという思いが残ってしまう。

葛藤と穏やかさは共存できないの。

だからその子の話しをただただ聞いてあげてね。

そしてひとつひとつ癒してあげて。

 

誰が何を言おうと、しようと、私の内側の愛と光は誰にもおびやかされない。

ここが最終的な着地点だよ。

そこに行き着くには強さと正しい理解が必要。

ひとつひとつ癒しながら、正しいものの見方、考え方を教え、その子と一緒に成長していくんだよ。』と。

 

私はスクールに通う前、とある人から、あることないこと言われていると聞いて、カーーーッとなって言い返してやらないと気が済まないと思ったことがありました。

 

そして麻紀ちゃんに私が怒っていることをプンスカ伝えて、今からその人に言ってやる!と話しました。

それを聞いた麻紀ちゃんは『それをしてはダメだよ。美紀ちゃん、何のためにそれをやりたいの?』と言いました。

え?事実じゃないことを吹聴してるから言ってやる、が理由ですけど、と思っていました。

そのようなことを何度も私は答えました。

そして何度も聞かれました。

『何のためにそれをやりたいの?』と。

何度目かで言われました。

『美紀ちゃんは今悲しいんだよ。』って。

私はおかしなことを言われているから、正さないといけない!と正義を振りかざそうとしていました。

とってもとっても怒っていました。

 

怒りの奥底にあるのは悲しみ。

そんなに怒りが出るほど、とってもとっても悲しかった。それに気づいていなかったのです。

それを受け入れ、その子の話しを聞いてあげて、癒やそうともしないで、他者に目を向け攻撃しようとしていたのです。

そんなことをしても一時的に気が済むだけで悲しみは癒えない。

私が私のことを全く分かっていないのですから。

そのことに気づいてその感情を感じると、とめどもなく涙が溢れました。

あぁ、本当に悲しかったのだなぁ。

なんでそんなことするの?と。

その子たちの声を無視して、怒りのままに正論を並べても一生癒えません。

自分で自分を癒し、そして正しいものの見方、考え方を教え、自分を育てていく。

それを繰り返しやっていき、ようやく自分のことを客観視できるようになり、前のように言ってやらんといかん!という思いは湧き上がらなくなり、私が分かっていればそれでよいと思えることが増えました。

(それでもまだ何だと!!と踊りにいくこともあります。コツコツ頑張ります。)

 

結局、他者の言動を自分の内側に招き入れているのは自分。

自分のフィールドは誰にもおびやかされない。

これが真実。

 

スクール生の近況のシェアから、あらためて麻紀ちゃんのお話しを聞き、自分自身のことも振り返ることができた時間でした。

 

スクールって、本当に一歩一歩コツコツ、自分を癒し続けることを学ぶ場です。

自分を癒した分だけ、自分との絆は強くなり、内側の愛と光の領域は増えていく。

そして自分が経験し乗り越えてきたことが、同じように葛藤の中にいる人の光にもなる。

また来月のスクールで、どんなシェアが聞けるのかとても楽しみです。

 

10月の長崎スクールの様子を山辺あゆみさんが綴っています。

*本質的に望んでいるものに気づく

https://ameblo.jp/yururunatural/entry-12703775343.html

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE