Blog & Event

スクール

2021.10.03

自分で自分を満たしていく

小村真理子です。

9月の私が担当させていただいている神戸と東京での「本来の自分を生きるスクール」のレポです。

毎月近況をお伺いすることからスクールがはじまります。
毎日のルーティンに流されて、ハッと気づいたら1ヶ月経ってた!みたいな感じが多いようですが、スクールがはじまって少しづつ少しづつ、自分の内側を意識するようになられてきた様子です。

ある方は今まで、モヤモヤしたり何か嫌なことがあったら、とりあえず友達に話してスッキリ!していたそうですが、緊急事態宣言によりリモートが続き、外に出ることも減り、友達に会うこともなくなると、
モヤモヤしていたものを発散する場所がなくなり、ずっとモヤモヤを引きづっていたそうです。

そのおかげで、このモヤモヤを自分で整理され、それによって今まで気づかなかったモヤモヤになっている感情に気づかれていました。

気づいたのであれば、この感情を持った一部のパーソナリティを癒すことができます。
癒し寄り添い、本当はどうしたいのかを自分が自分にしてあげることができます。

なんだか分からないモヤモヤ、、、どんな人にも経験があるかと思います。

そのモヤモヤって具体的にどんな感情かな?
って聞いても、ピンとこないしすぐには出てこない。

何かわからないけど、モヤモヤする。

以前の私もそんなことありました。

ですが、意識をしてそのモヤモヤを探ろうとすれば、時間はかかるかもしれませんが、ちゃんとその原因がわかります。
スルーして置いてけぼりにし続けてしまうと、どんどんそれは見えなくなってしまいます。

スクールではそんな自分の内側にあるネガティブな感情を見つけ、その感情を丁寧に見ていくこと。そして受け容れ、癒し、学びにする。
この繰り返しです。

ですが、初めはやったことないし難しく思うし、何よりも自分の内側のまだ気づいていない闇(恐れ)を見ていくことが怖いと感じると、たちまち無意識でそこをスルーしようとしてしまいます。

私は、もうどうにもこうにもスルーできなくなった状況がやってきて、これでもか!!っていうくらい自分の見たくないところを見ていく出来事がありました。

今思えば、かなりディープな経験でした。
キツかったし、しんどかった。。。笑
ですが、やっぱりあの時のあの経験があったからこそ今の私がある、と思っています。

余裕がなくなれば、もうやるしかない状況なので向き合うしかない。
もしかしたら、そこから逃げる。
という選択もあったかもしれません。
その時の私は今のままでは絶対に嫌だ、って強く思ったことで真正面から向き合っていきました。

逃げずに向き合って、本当によかった!!!

って今は心からそう思います。

どん底になってみて、這い上がるのもよし。
ですが、どん底に落ちる前に気づいてベクトルを変えていけるのであれば、そちらの方がおすすめでもあります。

そのためには、日常でちょっとした自分の心の動きを観察すること。
些細なことをスルーせずにあれ?と思ったのであれば、1日の終わりに振り返ってみること。

ネガティブな感情が教えてくれることはとてもたくさんあります。
そしてそのネガティブな感情から学ぶことで私たちは霊的な成長を遂げていきます。

「自分でしか自分を満たすことができないよ。」
よく麻紀ちゃんに教えてもらった言葉です。

ネガティブな感情を見つけて、何度も何度も自分の愛を示すことで、自分の内側が自分の愛で満たされていきます。
私たちが本当に求めている幸せは、心が満たされることです。

物質的なものや、地位や名誉、誰かからの賞賛など自分以外のもので埋めるのではなく、自分で自分の内側を満たせていて、自己充足感があれば何があってもなくても幸せだと感じれるのです。

そうありたいのであれば、一段飛ばしもワープも通用しません。
ただただ粛々と地道に自分の感情に向き合うことだけです。

日常生活には私たちが学べる材料がとてもたくさんあります。
それを自分で拾い上げて少しづつ少しづつ、自分の愛を育んでいきましょう。

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE