Blog & Event

スクール

2021.10.04

意志を貫くというチャレンジ

 

早野美紀です。

9月の本来の自分を生きるスクール、福岡クラスの振り返りです。

近況を聞くクラス、過去世を見るクラス、インナーセルフとこれから春分までのビジョンを決めるクラス、とさまざまでした。

毎月感心するのですが、みなさんベストなクラスにいて、ベストな気づきがあります。

 

スクールに通い始めるとインナーセルフとの繋がりがぐっと強くなります。

本質の自分の望みに気づいた結果、仕事を辞め新しい道へ進もう!と思う人も少なくありません。

 

スクールに通われる方は頑張り屋さんがすごく多いし、空気を読みすぎるくらい読める方が多いです。

自分の感情をこれでもかというほど折り畳んで、違和感を感じながらも仕事を続けている方も多いです。

 

インナーセルフから今すぐ仕事をやめたい!と言われて、今すぐは無理だよと折り合いをつけようとしていても、結局辞めるような流れが来たり・・・現象として現れるスピードに驚くこともあります。

 

 

私は思ったことを胸にしまうことができないので、それゆえ言っちゃいけないことを言ってしまったり、思いのままに行動してしまった上での失敗も多いです。

だからひと呼吸おいて、正しい選択をしていくことが課題にもなります。

 

逆に、自分の本音を言うのが不得意な方は、実際、具体的にはまだ先が見えていないのに、辞めるという選択やチャレンジを怖く感じるかもしれません。

 

ただ、本質の自分の思いに気づいてしまったら、気づいてなかった頃に戻ることはできません。

気づいている分、それを折り畳むとコンディションはどんどん悪くなります。

 

『自分のコンディションを整えることはすごく大事。

崩れれば戻さないといけない。

それにエネルギーも時間も使うことになる。

それよりも前に進むためにエネルギーも時間も使った方がいいよ。

本質に沿った選択をし、行動をしていく。

新しいことへのチャレンジはコワイと感じることもあるかもしれない。

でもこの怖さは一時的。

嫌なことを鈍らせながら感じないようにして生きるより、愛と光で自分の内側を満たしながら、自分の闇(悲しみなど)を癒していくんだよ。

インナーセルフは本来のあなたへ向かうための訓練になることしかさせないの。

だから心地よさを選ぶ努力は必要。

それをするから成長するんだよ。』

そう麻紀ちゃんは何度も何度も伝えてくれます。

 

意志を貫き、壁を乗り越えた先には、きっと見たことのない景色が広がっています。

 

今、みなさんがチャレンジしていることが、これからどんな展開を迎えるのかとても楽しみです。

 

 

本来の自分を生きるスクール、長崎の様子を山辺あゆみさんが綴っています。

*光も闇もありのままを受け入れる

https://ameblo.jp/yururunatural/entry-12700409651.html

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE