Blog & Event

スクール

2021.09.20

目指す波動と意識レベル

小村真理子です。

9月の神戸「お手入れスクール」のレポートです。

技術の時間はすでに頭までいきました。
この上なく最高に気持ちよかったです。

今回ははじまる時にあることが起こりました。

モデルの私は、はじめはうつ伏せになっています。
首にかかる髪の毛を麻紀ちゃんが整えてくれたとき、私の首周りに2日間ついていてた念がほんの数秒で祓われました。

ついていた念は特定もしているし祓い方もわかります。
ですが私の意識の問題で取れません。
あと3%、2%、、最後にはあと1%の意識が足らない。
埋めるには力を抜くことだとインナーセルフに言われます。

意識を上げることにまだ力が入っている。
分かってはいるけど無意識に力が入ってしまいます。

とれそうになると首に長い爪が食い込むように痛み、集中力が削がれます。
そんな念を意識もせずに数秒で祓う麻紀ちゃん。

そして、その後スクール生が私の背面に触れてお手入れ前のチェックをします。
どうでした?と麻紀ちゃんがみんなに聞くと、
「ふわふわで柔らかい」
「すでに満たされているよう」

との答え。

首に数秒触れただけで、念が払われ私の身体はふわふわになりエネルギーも満ちた状態になったのです。

麻紀ちゃんが言いました。
「みんなもこんなことができるようになるんだよー」と。

これは特別なことではなく、その波動と意識レベルになれば、誰しもがそのようなこともできるのです。

ただただ真実を知るということを探究し、徹底していけばその領域にいけるということ。

お手入れを学び、そしてそれを提供していくことは、人格を磨きあり方を確立していくことでもあります。

まずは自分に起こるあらゆることからの経験を学びにし、その学びをこれから関わってくる全ての人たちへと循環させていくために、私たちが取り組み続けることは真実を探究し続けるということ、ただそれだけなのです。

麻紀ちゃんが言いました。
「人と関わっていくということは、いい人たちばかりではない、そうでない人たちもいる。それを見極め真実を見ることが大切です。」

もちろん全ての人の本質は愛です。
ですが、愛ではなく恐れからの思考言動をして、他者を支配し搾取しようとする人たちもいます。
学ぶことをせずに何度も同じことをしている人がいます。
そんな中でも学びを選択し、ベクトルを変えようとする人もいれば、ずっと変わらない人もいます。

その人が今どのような状況、状態なのかを表面的なものではなく、その奥の真実を見極めていくことが必要です。

「人は愚かでもあり偉大な存在です」
麻紀ちゃんがよくみなさんにお伝えする言葉です。

人には感情があります。
その感情に翻弄されて、愚かな思考言動をするのか。
その感情から真実を見出し、本質を生きるのか。

私たちは選択することができます。

穏やかに日々過ごしたい。
みんなが平和に過ごせるような世界。
そのように願うのであれば、まずは自分の真実を探究し続けることからです。

それをやり続けると、それに見合った波動と意識レベルへと、霊的な成長を遂げていくのです。
一人一人の霊的成長がこの地球の平和にも繋がっています。

お手入れスクールの皆さんはとても素晴らしい感性をお持ちです。

お手入れも上手だし、すぐに体得されていきます。
リーディングも文句なしに素晴らしくて私も関心してしまいます。

何よりも初めてスクールに来られた時からみなさんを見ていますが、ものすごい進化をされています。

麻紀ちゃんも言っていましたが、どんどん前に進むと今まで通用していたものが通用しなくなることがあります。
そのためには意識レベルを日々研ぎ澄まして上げていかなければいけません。

その通用しない、という経験を麻紀ちゃんはしたことがないのです。
それは麻紀ちゃんには限界がないから。
限界は自分が勝手に決めているものです。

私たちは無意識で、自分にはそんなことはできない、そんな力はない、わたし普通だしー、とか勝手に自分のことを決めてしまっています。

そうすると、できることもできないのです。

とにかく疑いなくフラットな状態で物事を見ていくこと。
私もそこに苦戦しています。

それには日常での思考言動を意識的に過ごすことが一番の学びです。
目指すところがどんどん進化していくので、私たちにも限界はありません。

役割があるのであれば、前に出された課題をクリアし続けることだけです。

お手入れスクール生がこれからどのように成長されるのかが、とても楽しみです。

 

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE