Blog & Event

スクール

2021.08.10

具現化に向けて

小村真理子です。

8月の神戸での「お手入れのスクール」の振り返りです。

技術の時間、モデルの私は深い深いところへといってしまいました。
気持ちよくて我慢することなんて全くできない領域です。

痛いしんどいを我慢するよりも、気持ちいいを我慢する方が難しいことを知りました。笑

寝てしまった私にインナーセルフも「しょうがないね」と言うほどのヒーリングの深さ。

しかも私の過去世が彼女たちに触れてもらって、とても喜んでいるのと、その成長を感じてめちゃくちゃ感動しているのを感じるので、より深く効いているようでした。

次回はどうにか耐えるように励みたいと思います。

そして、お手入れスクール4回目にして、残り1、2回で全ての行程を終えようとしています。

進むのが早いので、座学の時間では過去世を見てから、お手入れをしていくにあたっての準備でもあるサロン名を決めたり、具現化の確認をインナーセルフとしていきました。

どう展開していくのかを具体的に決めていこうとすれば、少なからず内側からの抵抗も出てくるだろうし、外側からの想念の邪魔も入ってきたりします。

自分の内側の一部のパーソナリティの抵抗であれば、癒して受け容れ、真実を伝えていく。
そして自分自身がその一部のパーソナリティに本来の姿を見せてあげる。

恐くても、不安でも、それでも本当にやりたいことをやり続けようとする姿勢、それを自分の内側の子たちが見ています。

それが一番の癒しでもあります。

一部のパーソナリティたちが癒されてくると、次は応援してくれたり、力になってくれたりします。

過去世たちの思いと共に一緒にお手入れという自己表現をしていくのです。

自分のためにお手入れをしていく、
そしてそれがクライアントさんの気づきを促し、背中を押すきっかけになります。

 

外側からの想念という邪魔であれば、なぜきているのかを知り、そこから学びを深めることができます。
もちろん今自分ができる対処をし続けること。
そして、霊的な成長をし、寄せ付けないほどの波動を纏うところまで突き抜ける。

それには、やり続けていくことだけです。

お手入れという自己表現をし続けていくこと。
そしてあり方を確立していくこと。

そのために、日常が訓練となっています。

スピードが早いお手入れスクール生なので、展開も早い。
ですが、しっかりと地に足つけて進んでいるんだな、ということも私は身体に触れてもらっていて感じています。

また来月もどんな風に成長されているのかがとても楽しみです。

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE