Blog & Event

スクール

2021.08.10

神聖なる道

小村真理子です。

8月の神戸での「本来の自分を生きるスクール」の振り返りです。

今月も近況を聞いていくクラス、過去世を見ていくクラスとがありました。

スクールでは自分の闇を見て受け容れ癒し、本質へとベクトルを変えていくということを実地でし続けていますが、やればやるほどどんどん次の課題が出てきます。

特にここ最近ではやればやるほどスピードもアップしています。

自分の闇を見るのは、一見するととても厳しくてしんどいものであり、そして面倒くさいものでもあります。
そんなことしなくても、私たちは生きていけるし、ある程度は好きなこともできる。

ですが、私たち全ての人間に共通する役割は「本来の自分を生きる」ということです。

本来の自分を生きるには、本来の自分を知っていかなければいけません。そのための一番の近道は自分の闇を見るということです。

自分の内側の一部のパーソナリティたちが起こす誤作動をしっかりと認識して、客観視をしていく。

客観視せずに、一部のパーソナリティに乗っ取られた状態で思考言動をし続けていると、自分の波動がどんどん下がります。
純度も落ち、自分の内側を濁らせてしまいます。
本質がやりたいこととは全く別のことをやってしまっています。

現代のほとんどの人たちがそうなっていることに気がついていないのです。

麻紀ちゃんが
「一番勿体無いのは(自分の闇に)気付かないこと。
(無意識に)ひた隠しにして蓋をしていること。」

だと言っていました。

そして、何度も何度もこう言っていました。
「間違いや失敗をすることがいけないことではない。間違いや失敗を学びにせずに、ずっとそれをやっているとしんどいでしょう。
それに気付かずに、本来のビジョンではない人生を過ごすのがもったいない。私たちは本来のベクトルに気づくために、間違えたり失敗したりするのです。」

本来の自分を生きようとすると、やればやるほど次の課題が出てきます。
なぜ、やっているのにこんなことが起こるんだろう?ということもあります。

一見するととても大変なことが起こったスクール生の事例を上げると(その人の成長のために起こった出来事です)
スクールに来ているのになんでそんなことになるの?!
という風に感じる方もいらっしゃいましたが「ここ(スクール)に来ているから起こるんですよー」と麻紀ちゃんが言っていました。

前に進んでいるから出てきていることもあるし、本来の自分を生きようとするからこそ、厳しい出来事が起こることもあります。

起こる物事の表面的なものではなく、その奥を見る。
誰から見ても、うわ!大変!って思うようなことも霊的な成長のために起こっていることばかりです。

視点を変え、自分の捉え方を変え、真実を見ていく。
何度も何度も諦めずにやり続けることで私たちは学びを深めることができます。

「本質を生きようとすれば、必ず成すべきことを成すために物事は動いていきます。」

と麻紀ちゃんが言っていました。

その物事をどう捉えていくかは全て自分次第です。
嫌だ、しんどいと思えば、そのような結果になるだろうし、
そこに自分が気づく問題は何だろうか?と前向きな視点を持つことで次の展開が広がっていきます。

正しく物事を捉えられないのであれば、その原因がある自分の闇を見て、対処をしていく。
ただただこの繰り返しで、コツコツと自分の内側を整え続けること。

あるクラスで私のインナーセルフが皆さんに伝えたいことがあると言ってお伝えさせていただいた言葉があります。
「皆さんは素晴らしい神聖なる道を歩んでいます。そのことをしっかりと認識してください。」

きっかけは様々ですが、自分を生きる、と決めてみなさんこのスクールに通われています。

いろいろ葛藤したり、悩んだり、迷ったりしながら、それでも毎月スクールに来て本質の光を見出そうとされている姿は、見ていてとても美しいと感じます。

自分を諦めず、とにかく真実を見出していく。その経験すべてが、内側を豊かに穏やかにしていくことになります。

私も神聖なる道を歩んでいるという自覚を持ち、日々を過ごしていきます。

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE