Blog & Event

スクール

2021.06.12

この命をどう使いますか?

小村真理子です。

6月の神戸での「本来の自分を生きるスクール」のレポートです。

今月は過去世ワークをするクラスとタローデパリを使うクラスがありました。

クラスによって必要な題材で必要な気づきがあるようになっています。

過去世を見て、本当の自分はどうしたかったのかに気づき、本当にやりたかったことを表現していくのは今を生きている私たちです。

過去、自分で作った制限の中で今世も生きていると、今世も生きたいように生きれなかった後悔を持って死んでしまうことになります。
そうしたら、また来世に学びを持ち越しです。

本当はどうしたい?本当はどう生きたい?

本当の自分の声に耳を傾けて、そのように行動していくことが制限を外して自由に生きる。ということです。

タローデパリを使うクラスでは、本当の自分はどうしたいのかを知っているのに周囲の声や社会の当たり前に流されて、自分が本当にしたいことではないことを選択しようとしている方がいらっしゃいました。

それは自分を大切にしていないことでもあります。

自分が本当はどうしたいのかがまだ分からない人はいろんな経験をして、自分の本当の心地よいを探していくことが必要な人もいるし、
自分が本当にしたいことに気づいてきた人は、今までとは違う選択をして行動に移していくことが必要な人もいます。

ほとんどの人が、今まで生きてきた環境や状況の中で、外側に価値をおき、一般的な当たり前や社会の普通で選択してきているので、時にはとても勇気が必要なこともあります。

私たちには感情があるので、分かっていてもできなかったり、そんなこと無理だと決めてしまったり、無意識で本当ではない選択をしてしまうことは多々あります。

だから癒すことがとても大切です。
その感情がなぜ自分にあるのかの背景に気づいて、癒していく。

それが日常生活でも、ふと湧いてくる感情をキャッチして、その感情をわかしている一部のパーソナリティを癒していく。

そして、自分がどう生きたいのかに気づいたのであれば、そのために今はどんなことをしていくのかを実際に行動に移していくこと。

それは過去世の子達や一部のパーソナリティ達が本当に望んでいる生き方にも繋がってきます。

これが、自分を愛し自分を大切にして、自分を尊重して生きていく。ということ。

この繰り返しが自分を信じる、という力にもなってきます。

あるスクール生が亡くなったおじいさまから「どう生きるか」という大切なメッセージをシェアしてくださいました。
とても素晴らしいメッセージで内容をまとめると、
「被害者意識を持たないで、
悲劇のヒロインにならないで、
強くなりなさい、そして賢くなりなさい。」

とおっしゃってました。

被害者意識や悲劇のヒロインって、自分では思ってもないことが、それが被害者意識だよ、ってことはとてもたくさんあります。

悲劇のヒロインをしているつもりでなくても、無意識でしていることはあります。
わたしも含め、ほとんどの人は多かれ少なかれあると思います。

ですがそんなことしてたって成長はないし、いつまでも自分を狭い牢屋の中に入れているようなものです。

それに気づくこと、そして気づいたのであればやめること。
そうなる原因を見つけて、対処し、本来のベクトルを踏んでいくこと。
これが強さと賢さにも繋がります。

麻紀ちゃんが言っていました。
「どうであれ、人は死ぬんです。
だからどう生きるのか。

今世どう生きますか?この命をどう使いますか?
今は何のためにあるのかというとやり直すためにあるんです。
新しく築き上げるためにあるのです。

恐れに囚われずに、しっかり創造していく。
それが変化変容していくということです。」

わたしも自分のやるべきことにこの命を精一杯使っていきます。

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE