Blog & Event

スクール

2021.06.02

癒しと学びは同時進行

小村真理子です。

5月からわたしが担当させていただく「本来の自分を生きるスクール」がはじまりました。

神戸のスクールでは「癒しと学びは同時進行」のお話をさせていただきました。

「癒しと学びは同時進行」は麻紀ちゃんの言葉です。

今は学べる場所や方法はたくさんあります。
どうすれば幸せになれるか、成功するか、snsで少し探せばいろんなやり方方法を学べるような現代です。

だけど、教えてもらったのにできなかったり、わかっていても行動できなかったり、やってみたけど思ってたような満足感が得られなかったり、
それがなぜかわからないまま、何となくやり過ごして生きている人たちも多いのではないでしょうか。

もしくは学んでばかりで知識が先行して頭でっかちになり、本当は自分がどんな感情をわかしているのかもわからなくなってしまっていることだってあります。

自分の内側にいる痛みや傷を持った子たちをそのままにして、何か足りないと外に求めたり、物質的なもので満たそうとしたりを無意識でしてしまっているのです。

わたしも実際にそうでした。

麻紀ちゃんと初めて会った頃のわたしは住む家もあるし、買いたいものも買えるし、美味しいものも食べれるし、友達もいるし、何の不自由もなく幸せだと思っていました。

ただ身体は弱かったので、いろんな場所へ行ってセミナーを受けたり、気になる人に会いに行ったり、行動力だけは抜群でした。

その一瞬は満たされた感があるのですが、長続きはしない。次から次に気になるものがあればとりあえずやってみる。ということを繰り返していました。

ですが、今振り返るとそれはわたしの中の不足感からの行動でした。

自分の内側にいる不足感を持った子は何かしら痛みがあり、傷ついている子です。

癒す必要がある子たちがいることも知らずに、外に求めても何も埋まらないことに気がつきました。

そんな時に自分でしか自分を満たすことはできないことを麻紀ちゃんに教えてもらいました。

この自分を満たしていく作業が自分を癒していく。ということです。

自分に寄り添う。
自分を大切にする。
自分を愛する。
そんなことを聞いたことはあったけど、本当の意味でそれをしてこなかったことに気づきました。

痛みや傷を持った子がいることを意識すれば、次から出るわ出るわのインナーチャイルド祭りでした。

その時のわたしが思っていたよりも、たくさんの痛みと傷を持った子たちがどんどん出てきました。

ただただ自分に愛を持って寄り添い、そして理性を使って真実を伝えていく。

そして本来の望む行動を自分がやっていく。

これが癒しと学びです。

インナーチャイルドの癒しがある程度終われば、次は過去世の癒しです。

自分の内側の痛みや傷を持った子たちが癒やされてくると、この子達が力をくれたり応援してくれたりします。
そして本当に自分がやりたかったことを教えてくれるようになります。

この繰り返しで自分がどう生きたいかのかが明確になってきます。

まずは自分の内側にどんな痛みや傷を持った子がいるのかを知ることからです。

スクールではそれを少しづつ共に見つけていくことができたら、と思っています。

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE