Blog & Event

THE UNIVERSEの仲間たち

2021.04.27

意識して過ごすということ

THE UNIVERSE Friends 大杉陽子です。

今月のセラピストスクールは、私にとってとても大きな学びと気づきのスクールとなりました。

最初に、同じ状況であっても、1時間後、2時間後も同じ状況だとは限らないです。
同じだと流してしまうことは、曖昧にしているということで、それでは意識レベルが下がります。

と、話がありました。

意識レベルが低いと、何も気付くことができない。
反対に意識レベルが高いと、少しのことも感じることができ、考察できる。

例えば、ある計画をたてます。
計画なので、その通り進めていけばいいようなものですが、その通りに進めていくだけではなく、やりながら修復していかなければならないこともあるので、そこを意識して進めていくことが大切になり、それが意識レベルを上げていくことになるのです。

このように、行動しながらこれでいいのかな?と疑問をもつ。
そして確認をする。
さらに認識を深める。
これを繰り返し繰り返しやり続けることが、意識レベルを上げていくことになり、通常気づけないようなことにも気づいていけるようになる。
それを日常でやっていくことが、私たちがやっていくこと。

そこまで話してもらった後、麻紀さんから1人1人にどう感じたかを問われました。

そこで私は、麻紀さんに質問されたことに対し、ズレた返答をしていました。
何度も、何度も…
挙げ句、とても不誠実な発言までしていました。

その時の私は、自分の返答がズレていることに全く気づいてなく、内側が恐ろしく反応していることにも客観的に見ることができず、冷静になれませんでした。
意識レベルが下がりまくっていました。
日常での優先順位も間違っていて、ムダにエネルギーと時間を使っていました。

日常で、そんな私をインナーセルフは怒っていなかったのですが、それは私に(これっておかしいよね?)と自ら気づかせようとしてくれていたのでした。

今回のスクールで、私は日常の見直しと優先してやるべきことが明確になりました。
1つ1つをしっかり意識してやりながら、疑問に感じることは曖昧にせず、インナーセルフに確認しながら、さらに認識を深めていけるよう、意識してやっていきます。

「スクールがあることに安心しないで…活かしていくように。」
麻紀さんのその言葉を深く胸に刻み、自覚と覚悟をしっかりもてるよう、頑張ります。

TOP

© 2022  THE UNIVERSE