Blog & Event

スクール

2020.12.19

全ては霊的成長をするために起こっている

小村真理子です。

今年最後の神戸での本来の自分を生きるスクールのレポです。
今月からも新しいスクール生を迎えました。

本来の自分を生きるスクールでは自分を知るということを実地でやっていきます。
自分に興味をもち、自己探究がはじまるとそれぞれのペースで必要なことが起こってきます。
このスクールに通う。と決めた時点でそれがはじまる人もいます。

そういう話を聞くと、本当にうまくできているなーと、人の意識の仕組みに関心してしまうことばかり。

もちろん、一人一人の進むペースはそれぞれ違うので個々にとってベストなペースで物事が動いていきます。
今現在ではなく、過去の出来事から学ぶ材料がたくさんある人もいます。

全ての出来事は私たちを霊的成長させるために起こっています。と麻紀ちゃんが言っていました。

特に嫌な出来事や苦しい出来事には、とても大きな学びの種があります。
そうなったのには必ず原因がある。
その原因に気づくことが大切。
気づいて、対処して、次は本質の選択、本質の行動をとろうと努力すること。
もしできなくても自分を責めるのではなく、やろうとすること、ブレても戻ろうとすること。

人生からあなたはどう生きますか?それをいつも私たちは問われています。
と麻紀ちゃん。

一見すると、とても過酷な状況であっても、世の中に流れるとても酷いニュースの当人であっても、社会の矛盾や理解できないようなルールの中でも、
どのような状況、環境からでも私たちは愛と光を見出すことができます。自分の状態を決めることができるのです。

誰かを責めたくなることも、
自分が正しいと思うことも、
信じていたものに裏切られたような気持ちになることも、
とても大きな絶望感に苛まれることも、

その苦しさの中でもそれでも私たちは、私たちの力で、どうありたいかを決めることができるのです。そして自分の役割を思い出し全うしていくこと。

それがこの地球がより良い世界へとなることに繋がっています。とも麻紀ちゃんが言っていました。

それは忘れたり、思い出さないようにしたり、感情を抑える。という抑圧させることではなく、それら全てを認め、受け容れる、そして理解する、ということが必要になってきます。

自分が自分にやっていくのです。
そして自分の本質が望む選択をし、行動し続けること。

これをやるには体力もいるし、意志の力もいる。
コンディションを整えるために体操も必要になってくるし、食べ物のチョイスも大切になってきたりします。

それら全てをどうすればいいのか知っているのが私たちの本質であるインナーセルフです。

今年1年でインナーセルフとの繋がりが強くなってきたと感じる人も何人もいらっしゃいました。
とにかく日常でもインナーセルフに繋がろうと、やってみること。やろうとすること。
できるできないではなく、それをやろうとすることで私たちの意識は全く違うものになります。

これはわたしも今取り組んでいることです。
分からないなら、分かろうとすること。
知らないなら、知ろうとすること。
そしてそのような行動をすること。

結果ではなく、とにかくやってみようとすることが霊的成長へと繋がるのだと感じています。

年末、年始、いつもと違う環境であっても自分自身と繋がることを意識して過ごしていただきたいな、と思います。

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE