Blog & Event

スクール

2020.12.19

どう生きるのかの覚悟

小村真理子です。

神戸のお手入れスクールはもうすでに12回のうち2/3回が過ぎています。
本当にあっという間です。

他のスクールも1年12回という1クールがあっという間に終わっているように感じます。これは参加してくださる方ほとんどがそのように感じるみたいです。

お手入れスクール生もあっという間に過ぎているように思いますが、それでもはじまった頃と比べるとその学びは随分と深くなってきているな、と感じます。

今まで生きてきた社会の歯車の中ではなく、自分はこうしたい!という意志の元、今までの一般的な当たり前や普通から抜け出して、もっともっと自分はこうしたい。を思い出してらっしゃるようです。

思い出したら、すぐに表現する。行動する。ということをされているので、もちろん展開も早いです。
やはり行動することの大切さを痛感しました。

過去の出来事がもうすでに終わってる、と思っていたことが終わっていなかったり、できてると思っていたようなことが、できていなかったということに気づいたりもされていました。

自分の純度が上がってくると、今まで見えていなかったことが見えてきたりもします。
今まで気にもしなかったことにも反応したりもします。
それはやはり自分の内側を見て、要らないパターンを手放して本質の行動をとろうとし続けることで、どんどん内側がクリアな状態になりつつあるからだと思います。

感情が反応したら、あとは対処していくこと。そして理解していくことが必要になってきます。
ずっとそこで反応して、ずっと葛藤していると、エネルギーを使ってしまい、自分が疲弊してしまう。
お手入れを提供する人たちにとっては自分のコンディションを整えるのは必須なので、自分が疲弊していたら他者を満たしていくことはできません。

だから体操!そして食べ物!自分を良いコンディションにするための心持ちが大切になってきます。

今まで縛られていたものから自ら解き放ち、そして思いっきり自分が信じた道を歩もうとされているスクール生の姿、
わたしはこう生きる!という覚悟のようなものを感じました。

そして何よりもそれがしたい!と本質が望んでいるようでした。

もっともっと自由にそして、柔軟に、そして何よりも自分自身の軸を確固たるものへとするために、来年はより深い学びが待っているのだろうと思います。
そして、学びを深めれば深めるほどに、お手入れでのエネルギーがどんどんよくなるのだろうと思います。

わたしもお手入れモデルとして、身体に触れてもらっているのでその変化を感じるのがとても楽しみです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE