Blog & Event

スクール

2020.12.01

信じるという純粋さが唯一私たちを繋いでくれる。

早野美紀です。

11月の本来の自分を生きる福岡スクールの振り返りです。

 

スクール生は1年かけて、日常での出来事を通して自分を知ることをしていきます。

1年経ってみんなが言うことはあっという間だった!ということ。

そしてこれからが始まり。まだまだ自己探究したい!と2年生、3年生になられる方が多いです。

毎日少しづつでも内省を続けていると、何か起きた時の自分の心の動きを客観視できるようになり、冷静に対処できたりする。

そんな心や環境の変化をシェアしてもらう時間は私もとても嬉しいです。

 

今回は近況を聞くクラスやインナーセルフに会いに行ったり過去世を見たりするクラス、と様々でした。

麻紀ちゃんの誘導のもと、初めてインナーセルフに会いに行く人は、目の前のこの存在はインナーセルフなのか、そして感じるメッセージはインナーセルフの言葉なのか、それとも自分が思いついているだけなのだろうか、と分からなくなったりもします。

麻紀ちゃんが大丈夫、会えているよと確認してくれるので安心してメッセージを受け取ります。

優しく暖かい言葉に涙することもあります。

厳しい言葉に身が引き締まることもあります。

インナーセルフがとてもイケメンで、これから会いに行くのが楽しみ!と言っているスクール生もいました。

インナーセルフは私たちが生きてきた過去世の記憶を全て持っている、私たちよりも遥かに高次な存在なので、よく自分のことを分かっています。

 

なのでとても的確にアドバイスをくれます。もちろん何も言わないこともあってそれはそれでちゃんと理由があります。

その存在に気づいたら毎日会いに行ってお話しする。そしてその声を信じてやってみる。

信じることでその絆は深く深くなります。

 

【インナーセルフと自分はチームだよ。

同志が勝手なことしたらどう思う?

嫌な感じでしょ?だから意志のすり合わせをするんだよ。】

麻紀ちゃんが言っていました。

 

私は何度も勝手なことをして暴走してインナーセルフに叱られます。

都合のいい時だけ頼ろうとして、半目をされたりします。

 

インナーセルフにしても日頃サポートしてくれる見えない存在(精霊や龍や神様など)にしても、信じるという純粋さが唯一私たちを繋いでくれる、と麻紀ちゃんは言います。

 

だから意図して、意識して、繋がっていくこと。意志のすり合わせをして、素直にやってみて信頼の絆を深めること。

これは私が今強化する課題でもあります。

繋がったり繋がらなかったり、自分のコンディション次第でとってもムラがあるからです。

 

自己探究は一生続きます。ひとつ課題がクリアできるとまたすぐに次のものがやってきます。

そして、知識はないよりもある方がいいかもしれないけれど、いくら本を読んで気づきがあっても、知っているだけで経験していないと自分のものにはなりません。

 

私は本を読むのが大好き。だけど今はほとんどしていません。

実地の中での学びの方が大きいし、スクールやTHE UNIVERSEでの活動を通して経験することとは比べものにならないからです。

『もう知っているでしょう?だからやって。』

インナーセルフすみれさんからもそう言われます。

何年もスクール生をしているけれど(今の在籍はセラピストスクールです)、自己探究は生涯かけてやっていくこと。

まだまだ分からないこと、知らないことがたくさんあります。

それをそのまま曖昧にしないで分かろうとすること、知ろうとすること、そして行動すること!めちゃめちゃ頑張る!

 

自分を知るたびに、今までいかに外側に意識が向いていて誰かから答えをもらおうとしていたかに気づきます。

またここから本質の自分と手を取り合い、自分に誠実に、丁寧に生きていくぞ!という思いです。

 

 

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE