Blog & Event

THE UNIVERSEの仲間たち

2020.11.24

無意識を意識に上げる

THE UNIVERSE Friends 清水奈美です。
今月の広島セラピストスクールでも麻紀ちゃん作のジュースを飲んでのリーディングから始まりました。

体感、作用、期間、飲み方等
それぞれが自分の感覚を研ぎ澄ませ体感を言語化し、作用や飲み方をインナーセルフに確認します。

これが本当にそれぞれ違います。もちろん、同じジュースですから基本的な性質は共通していても、それぞれにとって最適な形での作用(サポート)となっています。

私たちは日常 目に見える存在のみならず、見えない存在からも様々なサポートを受けています。
その時に必要になるのが、
「考察・観察・分析」
内省するということです。

例えば、もし見たことない道具をもらったら、
「これはどう使うの?」
「なんのために使うの?」
と、聞きますよね。
手元に道具があるからと言って、それで使いこなせる訳ではないことは誰でも分かります。
なのですが、これが見えないサポートとなると、無意識に抜けてしまいます。
スクールに行けば意識するので「よし、やるぞ!!」と思っていたことが、いつの間にか曖昧なまま済ませてしまっているのです。

このジュースは毎月変わり3ヶ月ですが、私は以前の2ヶ月間はスクール時のように感覚を研ぎ澄まして毎日は飲めていません。もちろん、変化や体感していることもありますが、ただ飲んで終わっていることもありました。

日常の無意識を意識に上げていく
そのことが、日々の訓練となります。

リーディングの後は共通する過去世のワーク。
こちらは壮大な話しで来月も引き続きすることとなっているのですが、この過去世のワークでも
「なぜそう思ったのか。」
「どうしてその行動を取ったのか。」
麻紀ちゃんに聞かれると、細部まで丁寧に見れていないことが分かります。

問われると そこに全く疑問を抱いていなかった自分に気が付き、無意識に曖昧なままで「洞察・観察・考察」が足りないことを痛感します。

「お手入れは日常の全てが出ます。だからこそ、自分を整えていることは必須条件」 何度も言われています。
その上で 今は自覚・覚悟・スピードが求められています。
私は日常生活で優先順位が変わってしまうことが多々あるのですが、それは甘えの何ものでもありません。

どんな環境でどんな状況でもしっかり(インナーセルフと)繋がって集中してやるべき事をやる。

常日頃からインナーセルフに言われている「やるの一択!!」で足りない部分を強化していきます。

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE