Blog & Event

スクール

2020.07.02

受け入れる力。

 

早野美紀です。

6月の福岡セラピストスクールでも過去世ワークをしました。

私は前日、受け入れがたいような過去世をみていました。

それはその2日前の朝のウォーキングの時にふっと湧いた映像。

わ!こわい!気持ち悪い!と思って、麻紀ちゃんに話したらそれって美紀ちゃんの過去世だよ、と言われたことからの始まりでした。

 

フランスに生まれたその子のことは今癒しながら共に生きているところです。

そして、翌日のセラピストスクールでみたエジプトの過去世が体感としてその上をいくかなり衝撃的なものでした。

 

今までも何回も過去世はみてきましたが、楽しいものってあんまりなくて、小さな頃に死んでいたり、まぁよく生きていても成人したかな?くらいのものをよく思い出すんだけど、今回もそんな感じでした。

(今必要な過去世を見るので楽しい記憶を思い出す人もいます。私にとって今必要なものがこれらだっただけのことです。)

 

今回みた2つの過去の人生で、経験したことは違っても共通しているのは、後悔して死んでしまったこと、自分をかなり責めていること、です。

今の私がそれを感じるとポロポロと涙が出るし、本当に悲しくて悔しくてなんてことをしてしまったんだろうという自責の念でいっぱいになります。

今までお気楽に生きてきたので、こういうことは感じたくなかったみたいで、過去世をみるよ、と言われた時から24時間くらい頭がガンガンしていました。

 

そしてわりとクリアに映像としてみたり、感じたりするのに、これって本当に私のこと?私の妄想じゃない?どこかでみた映画じゃない?と逃避したい気持ちが湧いてきました。

 

過去世の私は、古いと何万年、何千年、最近のものでも何百年・・・そういう風にしか生きられなかったのに、ずっと自分を責めていたりするのです。

その子をまるごと受け入れてあげられるのは私だけなのに、それがなかなか難しい。。。

今の私は受け入れる力が本当に弱いです。見ないようにしたり感じないようにしたり、楽な方、楽な方へと流れてしまいます。

【カルマは罪でもなんでもなく、ただの宿題だよ。】

【過去の経験から学んだことを今世どう活かしますか?】

麻紀ちゃんは何度も何度も伝えてくれます。

 

実際、麻紀ちゃんは過去世も壮絶なものばかりですが、今世もずいぶんと深く濃く他の人が経験しないようなディープな半生を送っておられます。

そしてそこに全く囚われていない生き方、あり方を貫いているので、かなり説得力があります。

 

私の今世の大きなカルマは『自分を責めるのではなく、受け入れ赦す』です。

これを真摯にやり続けていたらきっと、囚われも少なくなるだろうし、恐れの選択をすることは少しづつ減っていくだろうし、精一杯生きてきた私の過去世もきっと癒されていくだろうと思います。

 

スクールから1日経って感じたことは、どうであれ、また生まれてこれて本当によかった!

また大切な人たちに出逢えてよかった!

思いっきりチャレンジして、思いっきり失敗しても立ち上がって、思いっきり生きていきたい!

自分のことをめちゃめちゃ幸せにしてあげたい!そう思います。

それができるのは今の私だけなのだから。

今はただただそんな気持ちです。

 

 

☺︎スクールのみなさんへのお願い

スクールはタイトなスケジュールの中、開催しています。

サロン到着は開始時刻ギリギリだととても嬉しいです。よろしくお願いします。

 

 

 

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE