Blog & Event

過去のイベント

2022.03.07

福岡でお味噌づくりとお菓子教室を開催しました。感想①

小村真理子です。

先日、福岡でもTHE UNIVERSEのイベントとして石井沙枝子さんによるお味噌づくりお菓子教室のイベントを開催しました。

今回も沙枝子さんがインナーセルフと共に選んでくださった糀、塩、大豆で作っていきました。

糀も大豆も今回はみなさん同じ滋賀産のものですが
お塩は沖縄のお塩だけで3種類、あとは長崎、佐賀、博多の塩、ヒマラヤのブラックソルトなど、その人その人で種類やブレンドが違うもので用意してくださってました。

人数が多かったのでとても賑やかな時間でした。
そしてエネルギーもめちゃくちゃ廻ってました。

子供達も一生懸命、混ぜ混ぜしていました。

きっと美味しいお味噌になるはず!

例年よりもあっという間に作業が終わった福岡のお味噌づくり。
みんな早々に味噌玉を作り容器に詰めてらっしゃいました。


作業が終わってから沙枝子さんのいろんなお味噌を使ったお弁当をいただきました。

お味噌で炊いたご飯が美味しかったそうです。
(私は食事制限中で食べてないのです。)

 

そして午後はお菓子教室。沙枝子さんが何年もかけて試行錯誤して、たどり着いたチーズケーキの作り方を教わりました。

なんと、包丁で切った時の切れ味までが納得、のチーズケーキだそうです。

作り方は本当にシンプルで、ただただ順番に混ぜて馴染ませていくだけです。

あっという間に生地が出来上がって、焼いている間にお土産用のお茶をブレンドしていきました。

ブレンドはインナーセルフに聞きながら相談しながら、たくさんある種類から選んで、それぞれ3種類のお茶を作っていきました。

そして、試食のチーズケーキ。
今回はよもぎのクレープにチーズケーキが包まれていました。
いちごのソースも美味しいっておっしゃってました。

そして、焼き上がったばかりのチーズケーキも試食しました。

焼き立てなので、温かくてトロトロのプリンみたいでした。
こんなチーズケーキを食べる機会なんて滅多にないことだと思います。

みなさん、美味しい、と言って、お腹いっぱいにチーズケーキを食べてらっしゃいました。
(私はチーズケーキも食べてないので、焼き立ていいなーって見てました。)

参加された方たちから感想をいただいてますので紹介していきます。

THE UNIVERSEメンバーの早野美紀ちゃん

お味噌作り

今年も楽しみなこの時間がやってきました。
今回驚いたのはあっという間に完成したこと!

ここ数年は、ほぼ毎年お味噌を仕込んでいますが、一昨年くらいまではひとりで黙々と・・・ということが全くできず、途中で遊びに行ったり、放置したりとさんざんこどもおばさんを炸裂させていました。

お手入れを始め、昨年はお味噌を捏ねながら丁寧に自分と向き合う時間を作ることができました。

そして今年。
気づけば酒粕で蓋をしていて、あれ終わってる・・・
ここまで1時間くらいだったのではないでしょうか。

集中しなきゃ!ではなく、インナーセルフすみれさんの声を聴きながら愛おしい気持ちで自然と集中できました。

そして周りを見る心のゆとりまで作れました。

真理子ちゃんや沙枝子さんのエネルギーの高さ、そしてみんなそれぞれこの時間を大切に思っていること、その相乗効果で味噌ってこんなにシャバシャバになるの早かったかなというくらいもうすでに発酵が進んだ感覚さえありました。

滋賀の大豆、麹、そして沙枝子さんチョイスの塩(沖縄3種、福岡、佐賀、長崎、そしてなんとヒマラヤのブラックソルト!)、一体どんなハーモニーを奏でるお味噌になるのか、出来上がりがとっても楽しみです。

つまみ喰いしたらすでに美味しかったので、おそらくめっちゃ美味しくなる予感がします。

今回は自分用ではなく、このエネルギーを届けたい実家用に作ったので、自分を整えながら我が家でお味噌を育て、渡せる日が楽しみです。

もし、お味噌が上手いこと出来上がらなくてもそこから気づき学ぶことがある、と沙枝子さんが言っていました。

現象の良し悪しではなく、そこから真実と向き合い、何を見出すのか。

することが違っても、結局真理の学びに繋がるのだなと感慨深かったです。

お味噌作りの奥深さを肌で感じ、早くもまた来年のこの時間が楽しみにもなっています。

 

チーズケーキとブレンド紅茶の会。
毎日お菓子を焼くという沙枝子さんが行き着いたチーズケーキレシピを伝授してもらいました。

とってもシンプルでした。

私は時々お菓子作りをしますが苦手です。

でも今回思ったのは何でも勝手に難しくしているのは自分自身であるということ。

感覚を研ぎ澄まし、材料を厳選することもちろん大切だけども、見合った準備をしてきちんと手順を踏めばなすべきことを成し遂げられるということ。

それをすごく感じた時間でした。

そしてチーズケーキを焼いている間のお茶のブレンドがめっちゃ楽しかったです。

沙枝子さんがどんな風に混ぜても美味しくなりますから〜と言っていたので、すみれさんと話しながらたくさんある茶葉の中からチョイスして3つ作っていったんだけど、ひとつどう考えてもゴリラのにおいがするお茶が完成したから笑いました。

毒だしのお茶だそうです。私に必要です。笑

(ちなみにお湯を注いだら心地よい香りに変わり、飲んだらスッキリとしてとっても美味しかったです。)

あとの2種は【上昇】と【流れを作る】という意図のものができました。
こちらも飲むのが楽しみです。

私の家で開催したのですが、食器とかお鍋とかどこにどうあるのかを沙枝子さんはよく知らないのに、手際よく動じもせずに準備していくのでそれもとても勉強させて頂きました。

出来上がったチーズケーキとお茶の豊かさを前に、私もこのような自然な場を軽やかに提供できるような人間になっていこうと気持ちを新たにしました。

 

THE UNIVERSE friendsの熊川 佑子さん

今年で3回目(3年目)の参加となったTHE UNIVERSEのお味噌作り。

材料の産地の違いも多少はあるかもしれませんが、一昨年と去年ではお味噌の様子も発酵具合も色も味も違っていたし、今年は作る前から色々学びがあったこともあり、また違ったお味噌が出来上がるであろうとの予感の中で始まったお味噌作りは、予想通りこれまでとはまったく違う感覚でした。

お味噌の材料を混ぜ合わせる時、私はこれまでどちらかというと水分少なめのサラサラした感触だったのですが、今回はとてもしっとりしていて、出来上がるまでの時間もみんなあっという間で早くてびっくり。
時間がワープしたようななんとも不思議な空間でした。

今回私がお味噌を作った意図は、エネルギーの調整が必要な時、エネルギーが枯渇した時、ブレた時、変容するためのエネルギーが必要な時などに、自分自身のエネルギーが入っている1番自分に合っていて、その場のエネルギーも入って高波動なものを摂取して調整する為にお味噌が必要だからです。

お味噌は大豆と塩と麹だけのとてもシンプルな材料で作られ、発酵していくものだからこそ、作る時のエネルギーがとてもダイレクトに作用するし、その後の発酵や出来上がりにもエネルギーが大きく影響を及ぼしていくのだろうということが今回、より強く感じられました。

さえこさんと真理子さんをはじめ、集まった皆さんによる高波動の空間の中、インナーセルフと一緒に集中してエネルギーを込めたお味噌。

今後の発酵具合や出来上がりは、私のエネルギー次第でどうとでも変わっていくと思われるので、私自身のこれからの生き方、在り方の答え合わせになるともいえるでしょう。
それは楽しみでもあり、身が引き締まる思いでもあります。
でもきっととっても美味しくて自分にピッタリのお味噌に仕上げてみせます。

そして最後に楽しみにしていた、さえこさん特製のお味噌を使ったお弁当は、身体に優しくスッと染み込んでいくようなお味で、期待に違わぬ美味しさでした。
必要なエネルギーだからこそ身体に一切の抵抗なく馴染んでいく、そんな感じがしました。
そして何よりさえこさんのお料理は本当に本当に美味しいのです。
今年もありがとうございました。

 

THE UNIVERSE friendsの紅谷 彩華さん

味噌

参加するにあたり、
セラピストグループLINEで
参加不参加の各々の意図を
みんなでシェアできたのは、
色んなパターンがあるということの
すごく勉強になりました。
また、不参加の方の理由を読み、
「この方がこの理由で不参加なのに
わたしは参加して大丈夫なのか!?」
と不安になったりもしましたが、
そのことも
自己信頼の元すぐに立て直す
ということや
周りに惑わされたり影響を受けることなく
自分の意図にコミットする
ということの訓練になりました。

今回
味噌作りをしながら
サポート役をやらせていただくことになり、
真理子さん、さえちゃん、美紀さんの在り方をお手本に
自分のことももちろんきちんとやりながらも
周りにも目を配るということの訓練も
させていただけたのは
とても大きな学びになり、
この機会をいただけたことに
感謝しております。

各々にとって
はじめましての方、お久しぶりの方、スクールなどで定期的に会える方が
それぞれにいるなか、
みんなの調和をとても感じ
あたたかく豊かな空間の中での味噌作り。
去年と同じ6kgを仕込んだとは信じがたいほど
とてもスムーズに作業が進んだのは
とても嬉しい驚きでした。

通常のお仕事もあるなかで、
今回のイベントのために
たくさんの種類の塩の中から
参加者それぞれに異なる
必要な塩の種類やその分量を
全て1人でリーディングして
完璧に用意してきてくださった
さえちゃんの言動や在り方は
本当に尊敬だし、
すごいと思うだけでなく
ちゃんと見習おうと
良い刺激をもらえて本当にありがたいです。
全部にお味噌が使われたお弁当は
どれも味噌ベースなのに
1つとして同じ味がなくて
色んな味わいや食感を楽しめて、
春を感じる感激の美味しさでした。

ご一緒できた参加者の皆様、
さえちゃん、真理子さん、美紀さん、
ありがとうございました。

チーズケーキ

シンプルな材料で作れるからこそ
ちょっとしたことで違いが大きくなる
というチーズケーキ、
さえちゃんが何度も考察を重ねたうえにたどり着いたという
貴重なレシピを教えていただけて
ありがたいかぎりです。
混ぜていくうちに様相が変わっていくのを
目でも見れるし
ゴムベラ伝でも感じられて
夢中になれて楽しかったです。
オーブンないから作れないと思っていたら
フライパンでもできるやり方を
教えてくださったので、
家でもチャレンジしてみたいです。

焼いている間のブレンドティー作りは、
元々お茶やハーブが大好きなので
すっごく楽しみでもあった反面、
一瞬過去世起因の怖れも出ましたが
それはすぐ対処ができて良かったです。
同じ名前の茶葉でも
色んな産地のものを用意してくださってて
選ぶ楽しみがより増しました。
3袋の内1袋は息子がブランドし、
2袋はわたしが別々の種類のブレンドを作りました。
味もブレンドの意図も
全く違うものができて楽しかったです。

実食の時間には、
イチゴソースを添えた
焼きたてのふわとろチーズケーキと、
前もって作ってくださってた
しっとり馴染んだチーズケーキを
おしゃれにヨモギクレープで包んだものと、
奈良のブランド苺と、
盛り沢山贅沢に堪能できて感激でした。

味噌&チーズケーキと
たくさんの学びと美味しさをいただけた
至福の1日でした。
ご一緒できた参加者の皆様、
さえちゃん、真理子さん、美紀さん、おかぴ、
本当にありがとうございました。

 

THE UNIVERSE friendsの山辺あゆみさん

はじめてのお味噌づくり、参加させていただきありがとうございました。

今回の参加の意図は
さえこさんや真理子さんのエネルギーに触れ、日常に戻ると下がってしまう意識をしっかり一定に保つ、ということを身体で覚えてくるように、というもので

「意識が低い状態で作っても、おいしくて身体の喜ぶお味噌は作れない。それはお手入れも同じだよ。」
とインナーからも言ってもらっていました。

さえこさんがそれぞれのエネルギーに合うよう選んでくださったお塩や大豆、糀。

香りや混ぜる感触、炊いた大豆の味、みんなの楽しそうな声やエネルギーに包まれた空間でただただお味噌をつくることに集中し、五感すべてを使い味わう時間。

高揚しやすく浸りやすい性分をインナーと繋がりながら理性を保つことも課題であったのですが、とても心が満たされる豊かな時間でした。

今回できたお味噌はある意図があり、弟家族のところへ渡すことになっていたのですが、フワフワのお味噌がかわいくて「あげとーなくなった!」という気持ちがちょっと過りました。
(もちろんちゃんと帰りに渡しましたが!笑)

昨年も参加された方は
「昨年とはお味噌の粘りが違う」とか
「昨年より出来上がるのが早くてあっという間!」とかお話されていて、エネルギーの変化や自分の成長も感じられるお味噌教室なのだなーとあらためて感じました。

ただお味噌をつくるだけではなく、学び多き時間で
さえこさんが作ってくださった美味しいお味噌のお弁当を食べているときに「自分のエネルギーや領域の幅や奥行を正しく認識しておくことはとても大切。」とお話してくださった内容は今まさに必要なことだなーと感じ、インナーからも「あなたもそうですよ!」と言われましたので、さっそく今取り組んでいる課題に追加しました。

帰りは変容で頭がグワングワンしていましたが、お味噌づくりの空間から日常に戻っても意識が下がらぬようやるべきことにコツコツ取り組みます。

また来年参加させてもらったときに自分自身がどのように感じるのかも楽しみです。

 

THE UNIVERSE friendsの工藤 恵己さん(お菓子教室にご参加)

初めてのチーズケーキ作りでしたが和気あいあいと楽しい空気に包まれた居るだけで癒される空間でした。

チーズケーキが焼ける間にお茶ブレンドの時間でしたがインナーさんと話しながら作成。飲んだことの無い茶葉のブレンドはどんな味なのかイメージがつかないままインナーさんの言われるがまま作成しました。
出来上がったチーズケーキは身体に染み渡りいつもの私だったらもっと食べれる(笑)はずだったのに、1皿食べるのがやっとな程エネルギーいっぱいで、その場のエネルギーと食べ物のエネルギーでぐわんぐわんに身体の中を巡っているのを感じました。

持ち帰った3袋のお茶ブレンドは毎朝飲むようにとインナーさんからいわれ、毎朝起きてすぐ飲みました。
1つ目 解毒、浄化、消毒
2つ目 循環、エネルギーを回す
3つ目 広げる
その時その人に必要なものがあるのだと改めて知ることができました。

チーズケーキの会では今まであまり感じることが出来なかったエネルギーが回るという事を体感できました。
良い体験をありがとうございました。

 

THE UNIVERSE friendsの内野 理恵さん

味噌とはその人のその時の人生の彩りを映す鏡なのかもしれない。

楽しみにしていたお味噌教室に親子で参加させて頂きました。

顔馴染みの方や初めましての方、賑やかにでも真剣に各々の味噌と向き合う。

会話に参加してもしなくても、皆さんの声が心地よく響く部屋で黙々と麹と塩を混ぜ合わせる。
あれ?今年はなんだか早くしっとりする。
2年目の味噌作り。
まだまだひよっこですが違いはなんとなく分かる。

早い。

大豆をつぶし、まとめ上げようにも水分が多くぺちゃっとする。
さえこ先生の手をかりて混ぜ方を変えるとまとまりだす。

道に迷っても間違えてもいい、必ず皆んなが正しい方へ導いてくれる。
そして誰かが迷っていたら、私も導いてあげる。

ただのお味噌作りじゃん。といえばそこまでですが、私はこのお味噌作りを通して、学び合い仲間と共に作り上げる事の尊さを肌で感じました。

出来上がった味噌の特等席を作り、毎朝息子と朝食を食べながら撫でています。
『かわいいねぇ〜おいしくなあれ〜』

今年はどんな味噌になるのか楽しみです。

 

THE UNIVERSE friendsの楠林 いずみさん

今回、3回目のお味噌作りイベントへの参加でした。
出来上がったお味噌は毎年美味しくて、すぐになくなってしまいます。なので、今年もすごく楽しみにしていました。

お味噌には、良くも悪くも作るときの波動が乗るということで、最近調子の悪かったわたしは、自分を整えることに心を尽くしてから臨みました。

場が整っていたこともあり、作りはじめるとすぐに、手の感触や麹の香りに癒され、作業に没頭することが出来ました。

3回目ともなると、細かいことが気にならず、自分の記憶と感覚を頼りに進めることができて、予想より遥かに早いペースで作業を終えることができました。こうして経験を積み重ねることの尊さを今年も感じました。

さえこさん、まりこさんをはじめ、参加者みんなが集う場は、余計なことが入り込まず、あたたかくて、改めて、UNIVERSEの仲間がいることのありがたさも感じることができました。いつもありがとうございます。

数ヶ月後に、どんなお味噌が食べられるのか、楽しみです。

 

感想②に続きます。

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE