Voice

自分と向き合う有意義な時間
アクセサリー作家| 55歳

ハードな運動は苦手だし、興味があったヨガを習うのには躊躇する…なんて時に体操教室を知りました。

初めた頃はポーズをとる事と呼吸を意識する事が同時に出来ないし、上がらない腕や伸ばせない足腰の痛みに苦悶してました(笑)

それでも回を重ねるにつれ、呼吸が続くようになり、その呼吸と連動して身体の稼働域が増えていくのがわかってきて
『気持ちいい』と感じる瞬間が生まれてきたのです。
日常で身体も変化しますから、日により痛いポーズがあってもそこを超えると整っていくようです。ゆっくり深い呼吸をするので、体操後は頭もスッキリ!血色も良くなります!!

体操を続けて1番大きいのは、
それまでの生活の中で静かに目を閉じて自分の為に使う時間なんてなかったのが、今では体操中が自分と向き合う有意義な時間で必要なツールとなっている事です。
そして、月一の皆さんとの体操空間は、1カ月のリセット時間でもあります。
これからも宜しくお願い致します!

TOP

© 2022  THE UNIVERSE