Blog & Event

スクール

2022.01.06

癒し続けること

小村真理子です。

私が担当させていただいている12月の「本来の自分を生きるスクール」のレポです。

タローデパリを使わせてもらったクラスと、近況を聞いていくクラスと様々でした。

昨年から私がスクールをはじめさせていただいてやっぱり感じることは癒すことの大切さです。

何度もこのブログでも書いていますが、「癒しと学びは同時進行」
これは麻紀ちゃん自身の経験で出てきた言葉です。

今の世の中は学ぶことについては、とても溢れています。

特に自分を良くしたい、もっと幸せになりたい、成功したい、、など。
ちょっと調べればそう言ったことを書いている本は山のようにあるし、そんな発信をしているsnsは検索すればすぐに見つかります。

学べる環境はいろんなところにあります。

ですが、学ぶことと同じく大切なのが癒すことです。

私たちは自分で自分のことを癒すことができるのに、癒す必要がある傷や痛みを何かで埋めようとしたり、他の誰かに頼ろうとしてみたり、自分以外の外側で埋めようとします。

自分で自分を癒す。
自分で自分を大切にする。
自分で自分を愛する。

これを本当の意味で理解するには、自分で実際に経験していくしかないのですが、どうやってそれをするのかが分からずに、手っ取り早い方法でやってみたり、すぐに結果が現れそうなものに惹かれたり、何か簡単に良くなるものを探してみたり。
そんな人はとても多いのではないかと思います。

自分の奥底にある、ネガティブな感情を一つひとつ拾って、受け容れ、寄り添い、癒していくことをスクールではお伝えしていますが、それはとても時間がかかる作業です。

そして必ずと言っていいほど、それに抵抗する一部のパーソナリティが出てきます。

もう傷に触れないでほしい、もう痛い思いはしたくない、忘れていたんだからほっといて、
傷ついた傷や痛みを持った一部のパーソナリティたちは、そう言って、波風立てずに普通に、当たり障りなくいたい。と、いろんな理由を見つけて、真実を見ることを拒みます。

ですが、それは本当にしたいことではないのです。

まずはその傷や痛みを持った一部のパーソナリティがどんな感情を抱えているのかを知り、そして寄り添い、その気持ちを分かってあげること。

そして理性を使った正しい考え方を伝えてあげること。

そして本当はどうしたかったのかを知り、そしてそれを今の自分が行動していくこと。
これが癒すことです。

本来の自分はどんな人たちとどんな世界をつくっていきたいのかがあり、それは一人ひとりが違うビジョンなのです。

そのビジョンを明確にしていくには、自分の内側を整理整頓していくこと。

整理整頓していくには、ネガティブな感情を持った一部のパーソナリティたちを見つけて癒していくこと。
それなしでは、本来の自分を生きることは難しいのです。

これを繰り返し繰り返しし続けることで、自分の内側がクリアな状態へと戻っていきます。

クリアな状態になると真実を見極めることができてきます。
何があってもなくても幸せだと感じれる穏やかな心持ちで日々過ごしていくことができます。

何か特別なことをしていなくても、日常生活にはたくさんの学びがあります。
少しの違和感をスルーせずにキャッチすること、感情が動いたなと思ったら気のせいにせずに意識して見ること。

これが自分を大切にする、ということでもあります。

本当に些細なことなので、一見したら大きな変化はないかもしれません。
ですが、その小さな変化の積み重ねのコツコツとやっていくことが一番の近道でもあります。

そうやって少しづつ少しづつ、本質のベクトルへと行動を移していくことが「本来の自分を生きる」ということです。

「頑張ります!」
っておっしゃる方もいらっしゃいましたので、また1ヶ月どんな感じだったのかお伺いするのが楽しみです。

 

TOP

© 2022  THE UNIVERSE